公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.657

福田総理の記者会見/本会議では国民生活回避の「つなぎ法案」可決(東京都)

本日も雨が降っていたが、午後ぐらいから上がり、周りも明るく、陽射しも照り始める。


参議院本会議


本会議での公明党席


本会議が15時30分から開催され、「つなぎ法案」が成立する。ガソリン以外の租税特別措置法や地方税など国民生活などの混乱回避のためである。「つなぎ法案」の成立により、土地売買にかかる登録免許税の軽減措置・海外旅行者がたばこやみやげに持ち帰る税の軽減やオフシェア・レポ市場での非課税措置などの期限延長(5月末まで)が決まった。国民生活の混乱を招く「道連れ増税」は回避された。


明日の質問のレク(厚生労働省と)


夕方から明日予定されている厚生労働委員会の質問内容について、関連省庁からヒアリング等を実施する。明日の質問内容として下記ポイントとなる。
①中国産冷凍ギョーザによる中毒問題の現状と対策・食の安全の取組みについて
②親亡き後の事を考えた「心身障害者扶養保険制度」の見直しと今後について


福田総理の記者会見


福田総理の記者会見(国民へ謝罪と理解をもとめ)


また18時からは福田総理の記者会見が行なわれ、国民に謝罪と理解を求める記者会見があった。

1.暫定税率の期限切れのお詫び・「混乱を謝罪」
  ・混乱を最小限にとどめる対策をとる(緊急対策を指示した)

2.暫定税率維持のお願い
  ・ガソリンが安くなる事は地球温暖化の世界の動きに逆行する
  ・2兆6千億円の税収減により、財政に穴があき、支障をきたす

等など。

今後も丁寧な説明で国民の理解を求めると共に野党との忍耐と対話が続く。



コメント