公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2007年9月の記事

No.410

精神障害者支援・原爆被爆者の会の方との懇談/公明党東かがわ時局講演会で国政報告(愛媛県今治市・新居浜市・香川県東かがわ市)

愛媛県今治市にて精神障害者の福祉推進に従事されている皆様と意見交換をする。石井・越智今治市議も同席。社会福祉法人「で・ふ・か」の理事長で今治明徳短期大学の眞鍋誠子教授・同法人で精神障害者小規模授産施設クリエイト21の日浅寿美施設長・今治地域の精神保健福祉を考える会の真鍋年郎代表の方がた。3障害の中でも遅れている精神障害者の福祉の現状と課題・要望について伺う。一生懸命真摯に取組まれている姿に感銘する……つづきを読む

No.409

故郷愛媛県南予の地域医療・障害者福祉の現場を訪問・懇談を続ける(愛媛県宇和島市・八幡浜市)

羽田空港から松山空港へ。愛媛県南予地域を訪問する。午前中、地元公明党松本市議達と共に市立宇和島病院を視察・懇談を進める。市川院長・奥藤事務局長・堀田医事課長などから病院の概況・現在進められている厚労省の監査状況など影響についてお聞きし、意見交換をする。 宇和島病院は創設98年。21の診療科があり、559床の総合病院として宇和島圏域の地域医療を支えており、重篤救急患者に対応する救急救命センターや地域……つづきを読む

No.408

党人事

   27日の公明党中央幹事会で決定した人事は次の通り。 <全国地方議員団会議>  副議長   西村晴天 <組織委員会>  副委員長  石田祝稔  組織局長  石田祝稔  遊説局員  山本博司 <女性委員会>  女性局次長 大山高子 <広報委員会>  広報局次長 山本博司 <団体渉外委員会>  労働局次長 高木美智代  (2007年9月28日付 公明新聞より転載)

No.408

「安心・安全な四国の道路のために」四国84市町村の代表で香川県高松市長・東かがわ市長等が陳情に来訪(東京都)

本日は香川県高松市大西秀人市長・東かがわ市藤井秀城市長等が参議院議員会館事務所を訪問。「安心・安全な四国の道路のために」との要望書を持参される。大西市長は四国国道協会の会長も兼務されており、要望内容等お聞きし懇談をする。要望内容は 一、道路特定財源制度の見直しにあたっては、地方の道路整備予算を確保・充実させること 一、道路整備の中期計画作成にあたり、四国にとって「真に必要な道路」を盛り込むと共に、……つづきを読む

No.406

母子家庭の皆様が安心して暮らせる社会に!児童扶養手当の一部削減も凍結の方向へ。(東京都)

本日は医療・福祉関連の関係者の皆様の要望とご意見をお聞きする機会となった。「医療制度委員会」では医療法人「徳洲会」の鈴木・増田専務理事等から「日本の医療問題」「奄美郡島での離島僻地医療の実践」などを現場の立場からお話しいただく。「医師の偏在・小児・産科医の減少・医療費問題」の現状の課題・原因の実情その解決策についての提言など大変貴重な話しが聞け参考になった。 「厚生労働部会」では財団法人「全国母子……つづきを読む

No.405

「与党原爆被爆者に関するプロジェクトチーム」第3回目の開催(東京都)

「与党原爆被爆者に関するプロジェクトチーム」勉強会の第3回目が開催された。本日は日本原水爆被害者団体協議会(被団協)田中事務局長や3人の事務局次長・原爆症認定集団訴訟全国弁護団事務局長宮原弁護士・中川弁護士などの皆様から「原爆症認定制度の見直しにあたっての要求について」具体的根拠と被爆体験等を交えてお話しを伺う。特に被爆者の皆様の切実な体験には本当に身が引締まる思いで、早い解決が必要と痛感する。今……つづきを読む

No.404

第91代福田首相誕生。激動の1日/連立政権協議15項目で合意(東京都)

本日は第91代福田首相の誕生の日となった。午前中自民党と公明党での連立政権協議が合意され、その後福田総裁・伊吹幹事長が本会議前の公明党両議院総会に参加し、挨拶があった。本会議での投票。衆参不一致のため、9年ぶりの両院協議会などが開催され、最終的に夕方に91代58人目の首相が選出された。すぐ福田首相は国会内の公明党参議院控室を表敬訪問。首相と握手し、記念撮影も。穏かな人柄で実直そうである。これから頑……つづきを読む

No.403

島根県隠岐の島へ。豪雨災害被害の現場に向う。(大阪府・島根県隠岐郡隠岐の島町)

大阪伊丹空港から島根県出雲空港経由で、隠岐空港・隠岐の島へ。2度目の来島となる。本日は8月31日未明の集中豪雨で大きな被害にあった現地の視察と今後の被災支援について公明党島根県本部篠原市議・桂市議等と共に伺う。まず隠岐の島町舎にて松田町長・福田町議会議長等から被害状況と現状についてお聞きする。 隠岐地方では8月30日23時30分から31日2時30分までに、西ノ島町、隠岐の島町付近で1時間120ミリ……つづきを読む

No.402

四国夏季議員研修会/“新しい公明党”構築へ

記事分類

 <これまでの活動記録>  公明党四国夏季議員研修会が8日、今治市内で開催された。これには、太田昭宏代表、石田祝稔四国方面議長(衆院議員)、山本博司同副議長(参院議員)らが出席。太田代表は「各自が“ザ・公明党”の誇りと自覚で闘おう」と力説。“新しい公明党”の構築に向けた決意みなぎる新出発の研修会となった。

No.401

メール便/総支部会に山本氏らを招く

記事分類

 <これまでの活動記録>  国会議員を身近な党の地域の会合に迎えて開くということは、本当に有意義で、国会の様子がよく分かるし、議員と懇談できる絶好のチャンスだと実感しました。  広島県東広島市や竹原市からなる広島第10総支部は先ごろ、東広島市内で総支部会を開催。この会合には地元の市議や田辺直史県代表代行(県議)のほか、先の参院選で初当選した山本博司氏と、谷合正明氏(参院議員)の出席を要請し、党の取……つづきを読む