公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”貧困問題” がつけられた記事

No.4654

被災者の生活再建支援に取り組むパーソナルサポートセンター(PSC)立岡常務理事が来訪(東京都)

意見交換 宮城県仙台にある一般社団法人 パーソナルサポートセンター(PSC)の立岡常務理事が来訪。今までの取組みについて、報告を伺い、課題や要望をお聞きしました。(5日) 仙台のPSC 一般社団法人パーソナルサポートセンター(PSC)は、様々な専門分野の団体(10団体)が集まり、設立された法人です。 様々な悩みを抱えた人たちに伴走型の支援を行い、就労と生活再建の手助けをしています。今まで2013年……つづきを読む

No.4638

UNDP近藤駐日代表・マイケル・ライリー人事部長らが来訪(東京都)

UNDPマイケル・ライリー人事部長・近藤UNDP駐日代表らと 国連開発計画(UNDP)の近藤哲生駐日代表、マイケル・ライリーUNDP人事部長らが国会事務所を来訪。 UNDP( United Nations Development Programme )は国際連合の機関の一つです。 貧困削減、民主的ガバナンス(統治)の確立、エネルギーと環境問題、紛争や災害などの危機予防・復興、エイズ対策の5分野に活……つづきを読む

No.4228

財務大臣・国税長官納税表彰式にて挨拶(東京都)

平成25年度財務大臣・国税長官納税表彰式が開催されました。 財務大臣の代理として出席。 納税表彰は、国税の申告と納税、租税教育などに関して、長年の功績顕著な方々を表彰するものです。 財務大臣表彰50名。国税庁長官表彰84名。 大臣の代理として表彰状の授与・式辞を述べさせていただきました。

No.4216

犬・猫の殺処分ゼロへ!岡山県内の動物愛護ボランティアの方々と懇談会(岡山県倉敷市)

14日夜、倉敷市内にて「岡山県内の殺処分セロ」を目指して活動されている動物愛護のNPO法人はじめ動物愛護ボランティア活動をされている方々約20名(「Smile Project from 岡山」(清水さん) http://ameblo.jp/smileproject-japan/ 、「NPO法人 犬猫愛護会わんぱーく」茶本代表 http://wanpark.yyspace.com/ 、「わんこレスキ……つづきを読む

No.4197

困窮被災者の生活再建支援の現場(PSC)視察(宮城県仙台市)

地元石橋県代表(県議)と共に一般社団法人パーソナルサポートセンター(PSC)を視察。本年1月の訪問に続いて2回目。 立岡常務理事・高木生活支援部長・児島就労支援部長・佐藤総合相談センター長らから現状の取組みと課題・要望について伺いました。 一般社団法人パーソナルサポートセンター(PSC)は、様々な専門分野の団体(10団体)が集まり、設立された法人。様々な悩みを抱えた人たちに伴走型の支援を行い、就労……つづきを読む

No.4185

被災者の生活再建支援に取り組むパーソナルサポートセンター(PSC)立岡氏が来訪(東京都)

宮城県仙台にある一般社団法人 パーソナルサポートセンター(PSC)の立岡氏が来訪。 被災者の生活再建支援に取り組んでいる状況やワンファミリー仙台での地域生活定着支援センター事業について伺いました。 立岡氏はワンファミリー仙台の理事長も兼任されています。 10月4日に仙台を訪問し、再度視察し、要望を伺います。

No.3828

障がい者の差別禁止へ!与党ワーキングチーム(東京都)

本日は「与党障害者の差別禁止に関する立法措置ワーキングチーム(WT)」の3回目の会合が開催。 教育分野における障害者差別禁止の論点や課題など議論。 特に就学先決定の在り方、教育における合理的配慮の提供など意見交換を進めた。 今週の金曜日には第4回目の会合と急ピッチで与党WTの作業を進めている。

No.3798

「国民生活・経済・社会保障に関する調査会」で質問(東京都)

午後から「国民生活・経済・社会保障に関する調査会」が開催された。 「雇用とセーフティネットの現状と課題について」2人の参考人(後藤千恵NHK解説委員、樋口美雄慶應大学商学部教授)から説明を受け、質疑を行う。 後藤参考人は「セーフティネットの現状と課題。対策について」先進事例を交え、解りやすく紹介された。 (働けないのに働けない人々) ・生活保護支援があれば働ける可能性のある人30万人 ・1年以上の……つづきを読む

No.3756

障がい者就労の現場・社会福祉法人ウルカ福祉会を訪問(香川県高松市)

社会福祉法人ウルカ福祉会を訪問。野川理事長(職務代表者)から障害者就労継続B型や児童デイサービスの現状や要望を伺う。 就労B型の利用者は約20名で袋作業や軽作業を中心に賃金向上に努力されている。発注先の減少や賃金の高い仕事への設備投資などで支援策を要望される。障害者優先調達推進法の成立による環境改善へ、さらに努力してまいりたい。

No.3726

被災者の見守りから就労・暮らし再建支援「パーソナルサポートセンター」視察(宮城県仙台市)

早朝、東京駅から被災地宮城県仙台市へ。 地元仙台市議と共に一般社団法人パーソナルサポートセンターを視察する。立岡常務理事・児島就労支援部長らから現状の取組みと課題・要望について伺う。 パーソナルサポートとは、家を失ってしまった人、障がいのある人、DV(ドメスティックヴァイオレンス)の被害にあわれている人、一人親世帯、ニート、引きこもり、就労困難な人など、安定した生活を送ることが難しい状態にある人た……つづきを読む