公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”肝炎対策” がつけられた記事

No.3471

いつも違う顔を見せる瀬戸内海・世界に発信へ!(岡山県岡山市・高松市)

終日、岡山県内の活動を終え岡山駅へ。 雨もあがったが、雲の流れは速い。駅前にある桃太郎の像から見る光景もいい。 岡山駅からマリンライナー号で瀬戸大橋を渡る。台風が過ぎさり、夕日の瀬戸内海も美しい。 高松駅には讃岐うどんの連絡船うどんが懐かしい。 夕刻の高松港から望む風景もまた格別。いつも違う瀬戸内海。 美しい瀬戸内海を世界に発信すべく党内の「瀬戸内海フォーラム」の推進をさらに進めてまいりたい。

No.3442

「カルテがない肝炎原告団」と意見交換・患者救済を幅広く!(東京都)

公明党の肝炎対策プロジェクトチーム(PT)【赤松座長】19日、「カルテがないC型肝炎訴訟原告団」の佐藤静子事務局長らと会い、被害者救済策について意見交換を進めた。 【全国原告団の皆様の悲痛な叫び】 全国から患者や遺族など原告団の方々からカルテがないだけで、切り捨てられる状況や現在の苦しい現実を伺う。 全国の原告総数510名(東京・大阪・札幌・鹿児島・広島・熊本地裁で提訴) 薬害C型肝炎被害者の給付……つづきを読む

No.2539

参議院本会議で菅総理に代表質問!(東京都)

午前中の本会議で衆議院から送付された『原子力損害賠償支援機構法案』について、菅総理・各大臣に代表質問。    1.福島第一原発事故の収束について    2.放射性セシウム、風評被害について    3.本「機構法案」の修正について    4.仮払い金の早期支給について    5.総理の政治姿勢について (下記質問項目) ①冷温停止、廃炉に向け、どの位の期間をかけて行うのかなど具体的な道筋如何。【総理……つづきを読む

No.2537

年金確保支援法案・汚染牛問題で大臣に質問 (東京都)

厚生労働委員会で年金確保法案の質問に立つ。下記内容。 震災対策(汚染牛・義援金)や年金改革においてもスピードが遅い・鈍い・心がない民主党菅政権を糾弾・指摘する。 Ⅰ.牛肉の放射性セシウム問題について 1.全頭検査について、各県・JAなどの対応をどのように把握しているのか。(厚労省) 放射性セシウムが国の暫定許容値を超える稲わらを与えた牛の肉の出荷が各地に広がっている。県やJAグループによる自主的な……つづきを読む

No.2511

予防接種法の抜本見直しへ!厚労委員会で質問(東京都)

午前中、厚生労働委員会が開催され、予防接種法案の質疑が行われ、質問に立った。 細川大臣に対して以下の項目で質問。 本日は、予防接種法の改正案についてお聞きするとともに、B型肝炎の和解合意への見解、についてお伺い致します。 Ⅰ.本改正案の内容について 1.新型インフルエンザ対策行動計画の見直しにどのように取り組むつもりか。  まず始めに、改正案の内容についてお聞き致します。これまでの新型インフルエン……つづきを読む

No.2509

全国B型肝炎訴訟原告団の谷口三枝子代表が来訪(東京都)

午前中、厚生労働委員会。秋野議員が登壇。難病支援など細川大臣に 質問。この日予防接種法の趣旨説明が行われた。 14日厚労委員会にて審議が行われる。質問に立つ為、準備を進めたい。 午後、全国B型肝炎訴訟原告団の谷口三枝子代表と弁護団の小宮弁護士等が事務所に来訪。 政府と苦渋の決断で和解の決断。長年のご苦労に心よりご苦労様とお伝えする。その後の課題など意見交換。 和解はしても病気は治らない。新薬開発や……つづきを読む

No.2272

介護療養型施設は必要/「存続を求める会」と意見交換/党厚労部会

 <これまでの活動記録> 公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は3日、参院議員会館で「介護療養型医療施設の存続を求める会」の吉岡充事務局長らと会い、意見交換した。 厚労省は同施設を2011年度末に廃止し、その他の介護保険施設を今後の利用者の受け皿とすることを決めている。 吉岡事務局長は、受け皿となった老人保健施設の利用者の53%以上が、その後、医療機関に入院したという同会の調査結果を紹……つづきを読む

No.2244

B型肝炎広島訴訟原告団・弁護団の方々からの切実な要望(東京都)

B型肝炎広島訴訟 原告団(山本代表)・弁護団(我妻弁護士)の方々が来訪。 B型肝炎発症後20年経過した被害者が、除斥期間を理由に和解から置き去りにされようとしている状況と除斥の壁を乗り越えるための救済法制定を要望される。 除斥対象被害者の声には「肝炎発症によって狂った人生」 「娘への感染に苦しむ母親」「治療費1000万円以上~今なお続く損害~」など3人の切実な思いが綴られている。 原告・弁護団から……つづきを読む

No.2220

養成校を4年制大学に/放射線技師会から要請受ける/党厚労部会

 <これまでの活動記録> 公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は4日、参院議員会館で会合を開き、日本放射線技師会から診療放射線技師の育成充実などについて要望を受けた。太田昭宏全国代表者会議議長、坂口力、草川昭三の両副代表らが出席した。 技師会の北村善明理事は、診療放射線技師養成校の主流が近年、従来の短大・専門学校から4年制大学に移行していることを指摘。「臨床の中でしっかり教育しなければ……つづきを読む

No.2192

B型肝炎・全員救済へ!肝炎対策勉強会 (東京都)

肝炎対策勉強会が行われ、B型肝炎対策について、細川厚労大臣から現在の和解協議の状況など説明があり、協力依頼があった。 B型肝炎の方々全員救済へ!しっかり頑張る決意である。 先日愛媛での障がい者関係団体との懇談会で要望を受けた内容で、担当者とヒアリング・意見交換。 ①グループホーム・ケアホームの家賃月1万円の助成。 ②重度視覚障がい者への移動支援の個別給付化。対象者やサービス範囲など今後検討の予定。……つづきを読む