公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”消費者問題特別委員会” がつけられた記事

No.4032

山本ひろしの個人演説会①(岡山県笠岡市・倉敷市)

【選挙4日目(投票日まで後14日)】 本日は終日岡山県内での活動。午前中、2箇所での個人演説会が盛大に開催されました。 10時笠岡市グランドホテル・11時倉敷市マービーふれあいセンター。 笠岡会場では三島笠岡市長・栗山浅口市長、大内里庄町長らから来賓の激励挨拶の後、比例区候補としての決意を訴えさせていただく。 倉敷会場では、総社市の片岡市長等。 大勢の皆様から激励の励まし・エールをいただき、感謝で……つづきを読む

No.4022

障がい者施設・地場企業回り (山口県防府市・山口市・萩市)

午後からは防府市・山口市を地元石丸県議・山下防府市議と共にまわる。 知的障害者施設や重度の自閉症施設(ひらきの里)等も訪問。 各施設長たちと意見交換。障がい者施策の課題・要望を伺う。 夜は、山口市から萩市へ移動。深い山々を超えて萩市に。多くの方々との交流を終え、新山口駅から新幹線こだま号で広島駅へ。

No.4001

食品表示法案で4人の参考人に質問(消費者問題に関する特別委員会) (東京都)

午後から「消費者問題に関する特別委員会」が開催され、食品表示法案について4人の参考人から説明を伺い、質問を行う。 (参考人) ・一般社団法人 全国消費者団体連絡会事務局長 河野康子氏 ・日本チェーンストア協会専務理事 井上淳氏 ・一般社団法人 新経済連盟事務局長 関 聡司氏 ・NPO法人 アレルギー児を支える全国ネット「アラジーポット」専務理事 栗山真理子氏 (質問内容) ・加工食品における原産品……つづきを読む

No.3991

食品表示法案で森大臣に質問(東京都)

朝一便の高知龍馬空港から上京。 「消費者問題に関する特別委員会」で食品表示法案について質問に立つ。126回目の国会質問。森大臣に答弁を求めた。 【下記内容骨子】 今回の新たな「食品表示法案」は、これまでの食品衛生法・JAS法・健康増進法という三つの法律が、それぞれに規定していた基準を一元化し、安全性を最優先に、重要な情報が消費者に分かりやすく伝わるよう改善を図ることとされており、消費者庁設置前から……つづきを読む

No.3932

「高齢者・障がい者の消費者被害対策について」森大臣に質問 (東京都)

「消費者問題に関する特別委員会」において、高齢者・障がい者の消費者被害対策について、森担当大臣に質問。(下記質問項目) 【高齢者・障害がい者の消費者被害対策について】 ① 高齢者・障害者の消費者被害の状況はどのようなものか。(消費者庁) ② 「施策の方針」の概要をご報告いただきたい。(消費者庁) ③ 消費生活センターと関係省庁との連携はどのようになっているのか。(消費者庁) ④ 「日常生活自立支援……つづきを読む

No.3909

東広島市での街頭演説会(広島県 東広島市・世羅町)

29日夕方、東広島市にて参院選大勝利への街頭演説会を行う。 斉藤鉄夫幹事長代行が応援に来られ挨拶。 私も1期6年間の取組みを報告。大勢の皆様が参集され、温かな励まし・応援をいただきました。 夜は世羅町に移動し、政治学習会。祭日の夜にもかかわらず大勢の方々が集われ、感謝です。 皆様大変にありがとうございました。

No.3879

森まさこ消費者担当大臣に質問【消費者問題に関する特別委員会にて】(東京都)

本日、「消費者問題に関する特別委員会」が開催され、森まさこ内閣府特命担当大臣(消費者)の所信に対し、質問に立つ。 「地方消費者行政の活性化について」下記の内容。 ① 「地方消費者行政活性化基金」をどのように評価しているのか。(大臣) ② 24年度補正予算で基金を上積みした理由は何か。 ③ 消費生活相談員の処遇改善はどのように進められているのか。 ④ 相談員資格の法的位置づけの明確化について検討状況……つづきを読む

No.3424

児童自立支援施設 愛媛県立えひめ学園 視察 (愛媛県新居浜市)

午前中、木村県議と新居浜にある愛媛県立えひめ学園を視察。えひめ学園は、児童自立支援施設。 児童自立支援施設は、全国に58カ所あり、国立2施設、私立2施設、残りが都道府県立もしくは政令指定都市の市立である。約1,900人の児童が入所している。 えひめ学園は、児童福祉法第44条により、学校・家庭・地域で適応できない児童や環境上の理由により生活指導等を要する児童(18歳未満)を受け入れて、心身の健全な育……つづきを読む

No.3395

消費者問題特別委員会・生活支援PT(東京都)

16時からの消費者問題に関する特別委員会。消費者安全法の質疑が行われ、全会一致で可決。 今国会4本の関連法案が成立。委員長として明日本会議で報告となる。 本日は生活支援PT(渡辺座長)の会合が開かれ、生活支援戦略の中間まとめについて厚労省からヒアリング。意見交換を進めた。 経済的困窮や社会的孤立の状態にある生活困窮者。 ・社会的孤立からの脱却と「貧困の連鎖」を防止や社会的包摂の実現を目指す社会へ。……つづきを読む

No.3365

高松市内での終戦記念 街頭演説会(香川県高松市)

8月15日 67回目の終戦記念日を迎え、終戦記念街頭演説を実施。 ことでん高松築港駅前では雨が降る中、傘を差しながら、核廃絶・恒久平和を訴える。 11時の瓦町駅前では、公明党香川県本部 都築県代表(県議)・広瀬県議、6人の高松市議と共に実施。 手を振って応援いただく方々や最後まで聞いていただく方々など多くのエールをいただき、感謝です。ありがとうございました。