公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”法務関係” がつけられた記事

No.4178

葡萄の女王・マスカット・オブ・アレキサンドリアワイン:ふなおワイナリーにて(岡山県倉敷市)

早朝高松駅からマリンライナー号で瀬戸内海を渡り岡山駅へ。いつも心癒される風景です。 本日は午前中、倉敷市内を地元の森分市議と共にまわりました。 船穂町にある「ふなおワイナリー」を訪問。狩山所長からマスカットからワインへになる工程を見学。 全国一の産地倉敷市船穂町で、独自の栽培管理で収穫される葡萄の女王・最高級のマスカット・オブ・アレキサンドリアを100%使用した、プレミアワインが出来上がります。 ……つづきを読む

No.4147

新しい外国人在留管理制度の改善を!民団からの要望(東京都)

公明党法務部会(遠山部会長)が開催(6日)。在日大韓民国民団中央本部(民団)の林副団長、金組織部長らが要望に来られ、意見交換を進めました。 「新しい外国人在留管理制度及び外国人住民の住民基本台帳制度の一部改善を求める要望書」について伺いました。 2009年「新しい外国人在留管理制度」「外国人住民の住民基本台帳制度」の法律が制定され、2012年7月9日から施行。 在日外国人を管理するため、これまでの……つづきを読む

No.3031

「発達障がい支援フォーラム」に参加(東京都) 

午前中、都内で開催された「発達障がい支援フォーラム」に参加。 「発達障がいの支援を考える議員連盟」の副会長として、公明党高木美智代議員と共に出席。 NPO法人 翔和学園が主催。 翔和学園は創立以来「1つの窓口から生涯にわたる支援を提供する仕組みづくり」を目標に掲げ、発達障がいをもつ子ども・青年の支援に取り組んできている。 主催者であるNPO法人翔和学園望月校長から挨拶。 発達障害議員連盟として公明……つづきを読む

No.3003

日本司法支援センター「法テラス」訪問 (香川県高松市)

午前中、高松市内にある日本司法支援センター「法テラス・香川地方事務所」を訪問。猪崎所長と懇談。 猪崎所長は私と同じ愛媛県南予の出身で弁護士として現在も活躍中。昨年高松市で開催された日弁連の全国人権擁護大会で初めてお会いする。 法テラスは「国民に身近で、速くて、頼りがいのある司法」を目指す司法改革の柱として、総合法律支援法に基づき、政府全額出資で設立された。 今まで、全国の相談窓口の情報が一つになっ……つづきを読む

No.2885

坂出市成人式で挨拶(香川県坂出市)

午後から坂出市内民ホールにて坂出市成人式が開催された。 本年の成人数は、全国122万人。坂出市は491人。 最初にスライドを中心に作成された「はたちの青春」が上映。 今回の成人式の実行委員のメンバーが中心になり実施。 真心がこもる内容。最後の場面はご両親へ感謝の思いで一輪の花が渡された。次男も今年成人を迎える事とだぶり、胸が熱くなる。 主催者の綾坂出市長。中河坂出市議会議長のお祝いの言葉。 来賓と……つづきを読む

No.2858

東京法務局目黒出張所の存続へ!要望実現へ・全力で対応(東京都目黒区)

朝の便で、新大阪駅から新幹線のぞみ号で上京。国会事務所に向かう。 午後から、都内の挨拶まわりを進める。介護・教育に関わる方々と懇談。 課題・要望を伺う。特に教育行政について、私学の役割。国、都道府県の支援の必要性などお聞きする。 夕方から目黒区内へ。 目黒区では、東京法務局目黒出張所統合問題で地元や司法書士団体等からも強い要望が出ている。 12月14日には、公明党法務部会が開催され、存続要望につい……つづきを読む

No.2564

離島施策の課題や将来ビジョンで意見交換、介護現場視察(新潟県佐渡市)

10時00分から高野市長・甲斐副市長はじめ市関係者と意見交換。 下記テーマで約2時間話し合う。 公明党から竹谷参議院議員。志田県会議員が同席。 1.佐渡市の現状と将来ビジョン 2.離島振興法改正における要望 3.佐渡空港・佐渡航路の現状と要望 4.医療・福祉・介護について 5.佐渡観光んぽ現状と課題 6.魅力ある観光地目指して 4の医療・福祉・介護のテーマでは、介護現場を訪問。 特別養護老人ホーム……つづきを読む

No.2536

市民後見人制度・道路インフラ整備など大勢の方々が来訪(東京都)

本日事務所に多くの方々が来訪。 香川県からは大山さぬき市長・勝又高松市副市長・木村香川県道路協会会長ら。香川県の道路などインフラ整備の要望である。特に四国横断自動車道の4車線化整備の促進など。 愛媛県からは上島町上村町長・原町議会議長など町議の皆様。 「上島架橋促進」「離島航路の補助制度・医療の充実など」 「市民後見人制度について」 東京大学 政策ビジョン研究センター・市民後見研究実証プロジェクト……つづきを読む

No.2306

未曾有の大震災「公明はチーム力で役に立つ」(東京都)

東日本大震災は21日で発生から11日目を迎えた。避難所生活を余儀なくされている方々は約35万人余。寒さと共に必要な物資も十分でない生活が続いている。 公明党は被災地の現場に真っ先に駆けつけ被災者が困っている声をお聞きし、政府・与党に対応を求めている。 政府との震災対策合同会議では、そうした声を1つ1つ提言を進めている。 下記内容は、公明党が物資供給や原発冷却で提案実現した光る事例である。 ①被災地……つづきを読む

No.2278

「ドイツにおける成年後見制度について」PTで意見交換(東京都)

午前中から積雪の寒い1日。 全国引きこもりKHJ親の会代表・奥山雅久氏の告別式に参列する。 長年引きこもりを抱える家族の救済や引きこもり支援に尽力された奥山代表のご冥福を心よりお祈りする。 夕方「公明党成年後見制度促進プロジェクト」が開催され、「ドイツにおける成年後見制度について」新井誠筑波大学法科大学院院長から講演を伺い、意見交換。 日本が総人口1億2千万に対して法定後見制度の利用者が約12万人……つづきを読む