公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”岐阜” がつけられた記事

No.2987

答志島の桃取診療所で離島医療について意見交換(三重県鳥羽市)

答志島の鳥羽市立桃取診療所へ。離島医療の拠点を視察。 診療所には常勤医師1名・看護師2名がいる。医師の刀根克之所長と懇談。 離島医療の基準を下記3点あげて説明いただく。大変判り易い。 1.本土からの距離 (答志島は鳥羽市から近い) 2.医師の担当する人数 ・2000人~3000人が標準(答志島は約2200人とOK) 3.後発病院の存在(日赤や鳥羽市の病院がある) ・バックアップの支援があるがどうか……つづきを読む

No.2959

大雪の中「東大宇宙線研究所・神岡宇宙素粒子施設」を視察(富山県富山市・岐阜県飛騨市)

文教科学委員会視察2日目。本日は大雪。富山市内は一面真っ白。 富山市から岐阜県飛騨市へ移動。 東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子施設を視察。 梶田宇宙線研究所長・鈴木神岡宇宙素粒子研究施設長など東大の教授の方々から説明を受け、見学。 その後、意見交換。 【素粒子や宇宙の研究の可能性】 宇宙線研究所では、ニュートリノなどの素粒子の観測を通じて、素粒子物理学及び宇宙物理学の研究を行っている。 宇宙や素……つづきを読む

No.2146

豪雪災害 万全な支援を/漁船転覆・沈没/休業補償など検討求める/党災害対策本部

 <これまでの活動記録> 公明党の災害対策本部(木庭健太郎本部長=参院議員)は6日、衆院第2議員会館で会合を開き、年末年始にかけて全国各地で発生した記録的大雪による被害と対応状況について、関係府省庁から説明を受けるとともに、対策に万全を期すよう求めた。 このうち、今回の大雪によって鳥取、島根両県で転覆・沈没した漁船が計431隻(5日14時現在、農林水産省発表)に上ったことについて、同省担当者は「漁……つづきを読む

No.2145

豪雪被害対策へ!「公明党災害対策本部」稼働(東京都)

午前中、公明党災害対策本部(木庭本部長)を開催。 年末年始の豪雪被害状況について各省庁からヒアリング。 積雪は鳥取大山で209㎝。米子89㎝。と記録的な豪雪。島根県、岩手県なども記録的積雪。 農林水産被害が深刻。 農作物ではパイプハウス・畜舎などの損壊が481棟。 水産関係では、漁船の被害が446隻で被害額が大きい。(現在調査中)エンジン交換などの対応を含めて費用負担が大変。保険でカバーできないケ……つづきを読む

No.2144

篠笛で心和む「愛媛広告協会新春懇親会」 (愛媛県松山市)

香川県多度津町から愛媛県へ移動。夕方まで市内のあいさつ回りを進める。 「平成23年愛媛広告協会新春懇親会」が松山市内で盛大に開催された。 麻生会長からの挨拶の後、来賓紹介。代表して中村知事の挨拶。 そのあと、篠笛演奏。新居浜市の篠笛奏者阿部一成氏の心に響く篠笛の音色。荒城の月など日本の民謡に心癒される。 乾杯の後、多くの皆様との交流を重ね、夜の便で上京する。

No.2119

岐阜県の雇用・高山市の医療・介護など要望を伺う(岐阜県高山市)

高山市の視察を終え、高山市の國島(くにしま)市長や岐阜県矢部労働局たちと意見交換。 高山市は平成17年 近隣9町村と合併。面積はほぼ東京都と同じ広さで市町村では日本一。人口9万3999人。高齢化率 26.5%。観光入込数404万人。 高齢化率の高い、高山市からの要望は 1.要介護認定有効期間の見直し 2.介護療養病床の廃止方針の見直し等。 また岐阜県の雇用失業情勢やなど、岐阜県労働局等から伺う。 ……つづきを読む

No.2118

「飛騨の匠」の現場・飛騨産業(株)工場を訪問(岐阜県高山市)

高山市は全国の市町村で面積の広さ日本一。面積の約92.3%は森林。その「飛騨の匠」の歴史を受け継ぐ企業・飛騨産業(株)を訪問。 岡田社長の案内で工場を見学。飛騨産業の歴史は90年。 なによりも木を愛する「心」が国内産のスギの活用や「曲げ木」技術のノウハウにある。 「日本は国土の67%が森林にもかかわらず、木材の自給率は27.8%。年間8120億円もの木材を輸入している。日本の森林面積の18%を占め……つづきを読む

No.2117

療養病床存続を!「高山厚生病院」視察(岐阜県高山市)

北アルプスのふもと、岐阜県高山市奥飛騨の朝。 槍ヶ岳が展望でき、澄んだ空気・自然に癒される。 本日は厚生労働委員会視察2日目。 岐阜県高山市の高山厚生病院を視察。市江院長・西村看護部長等から病院の概況・課題・要望を伺う。 高山厚生病院は平成14年JA岐阜厚生連の7つ目の病院として開院。前身は国立療養高山病院。療養病床100床と外来診療・通所リハビリテーションの機能をもつ。 ・職員は約73名。(医師……つづきを読む