公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.10028

「G7保健大臣会合 オンライン会議」3回目(東京都)

29日夜20時から「G7保健大臣会合 オンライン会議」3回目が開催され、日本を代表して参加。

参加者はG7各国(日本、アメリカ、イギリス、ドイツ。フランス、イタリア、カナダ)の保健担当大臣及び国際機関(WHO等)。

今回は、英国が議長(マット・ハンコック氏)で米国(ザビエル・べセラ氏:今回が初めて)、フランス(オリヴィエ・ヴェラン氏)、ドイツ(イエンス・シュパーン氏)、カナダ(パトリシア・ハイデュー氏)、イタリア(ロベルト・スぺランツア氏)、EU(ステラ・キリアキデュ氏)。

今回のテーマは、「デジタルデータの相互運用性」「新型コロナ対策・ワクチン接種証明」です。

「デジタルヘルスでのデータの相互運用性の有用性と問題点」「ワクチンの接種証明を利用したワクチンパスポートについては、WHOの取組みを中心としつつ、国内外の議論や各国の対応状況を注視していきたい」等について説明。

同時通訳の方がいましたので、日本語で対応。約1時間10分の会議でした。最終6月イギリスでの対面開催を目指し、毎月のオンライン会議で議論を進めます。



コメント