公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9547

「地方創生・過疎、離島支援について」新居浜市 石川市長と意見交換(愛媛県新居浜市)

30日午後新居浜市役所を訪問。石川勝行市長と「地方創生、過疎対策、非効率石炭火力、離島支援など」で要望を伺い、意見交換。

最初に「銅夢にいはま」を利活用し産直市場の開設(経産省の令和2年度予算の商店街活性化・観光消費創出事業)の要望が4月に採択された事の御礼がありました。

その後下記2点の要望をお聞きしました。

  1. 今後の過疎対策の要望として、新たな過疎法においても市町村合併の特例を存置し、旧市町村単位の一部過疎(別子山地区)を設けることを要望。一部過疎の指定にあたっては、現在の市町村の「財政力指数」だけで判断するのではなく、現行の過疎地域が引き続き指定される制度に。
  2. 非効率石炭火力の2030年を目標としたフェードアウトについて、規制的措置の猶予期間の設置や代替発電設備の建設等に関する補助金等経済的インセンティブの創設など地域経済への影響を考慮した制度設計を。(経産省への要望)

また離島の大島(約300人)の光ケーブル整備についても意見交換。今回の第2時補正予算や地方創生臨時交付金、補正予算債など活用し、自治体負担が約2%前後になる事を説明。今後具体化へ前向きに検討されるとの事。伺った要望等支援してまいります。

意見交換2
意見交換1
過疎の要望
石川市長


コメント