公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9359

「新型コロナ影響・調査」愛媛県①アトムグループ「医療・介護の現場の声を伺う」(愛媛県松山市)

22日松山市内にあるアトムグループを訪問。宇都宮賢八会長(CEO)、宇都宮一泰理事長(医療法人 順風会)、木山憲義 医療法人順風会 専務理事らと懇談。

新型コロナの影響について、医療・介護・障がい福祉等で意見交換。小児医療やリハビリ医療部門で大幅な減収。健診センターも休止する等の影響も。充実したICT整備により、オンライン面会やテレワークも実施。アフターコロナの時代はさらにオンライン診療・オンライン健診など国の制度の柔軟な対応を求められました。

アトムグループは、人口約5万6千人を抱える松山市石井地区の少子・高齢化社会をサポートするために医療・福祉・パブリック(子育てや障がい等)サービスを推進されており、職員数は2700名を超えるグループに成長されています。9月には北条にて高齢者の施設がオープンの予定。また中国との交流を進めるアトムグループ。中国東北師範大学から留学生の研修を受け入れています。

第2次補正予算での医療・介護・障がい福祉の従事者全員の慰労金など一括交付金に大変感謝されていました。伺った要望について、施策に反映してまいります。

宇都宮会長と
意見交換1
意見交換2


コメント