公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9022

文部科学省事業「共に学び、生きる共生社会コンファレンス」③情報拠点ブース(愛媛大学)(愛媛県松山市)

障がい者の生涯学習を支援する取組みや支援機器等に関する情報が展示されている「情報拠点ブース」を見学。愛媛大学教育学部 苅田知則先生に案内いただきました。

障害支援機器展示コーナーでは、下記の支援装置が。素晴らしい支援機器に驚きです。

【視力入力装置】
重度障害者用意思伝達装置。視線入力で画面を操作し、メール作成やリモコン操作が出来ます。

【ボイスルーラー】
発達障がい者の支援機器。目で見て自分の声の大きさがわかる、声の物差し。

【GPS―VOCA】
障がいや病気などで会話が困難な方の支援機器。GPS等と連動し、その場に応じた言葉を発してくれます。

【Cozy Room】
発達障がいをもつ方のカームダウンスペース。パニックを未然に防ぐ。気持ちを落ち着かせる小部屋。

また上映会(もうろうを生きる)やパネル展示(障がい者の学習支援・支援に関する活動など)のコーナーも。



コメント