公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.8761

「防災の日」街頭演説(香川県高松市ことでん築港高松駅前)

1日、高松市のことでん高松築港駅前の街頭演説から本日のスタートです。9月1日は「防災の日」(8月30日~9月5日が防災週間)。

「防災の日」は1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだもので、関東大震災の教訓を忘れない、という意味とこの時期に多い台風への心構えという意味を含めて、1960年(昭和35年)に、内閣の閣僚了解により制定されました。

街頭での演説も「防災・減災」を中心に訴えました。昨年の西日本豪雨災害。先日の九州北部豪雨災害など、いつどこに起きてもおかしくない災害に備える「防災・減災」。公明党は「防災・減災」を政治の主流にと強く訴え、国の「防災・減災・国土強靭化」施策に反映。予算も大幅に拡充されています。今後、平時の地域での防災計画づくりや防災教育など地域防災力強化にしっかり取り組んでまいります。

演説中、駆け寄って「応援していますよ!」と何人かから、声をかけていただきました。ありがとうございます。全力で頑張ります。

街頭演説1
玉藻公園前
街頭演説2
街頭演説3


コメント