公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.8695

「商業捕鯨の調査活動・下関市へ」①下関市・林兼冷蔵(株)訪問(公明党・捕鯨を守る議員懇話会)(山口県下関市)

26日、「公明党・捕鯨を守る議員懇話会」として山口県下関を視察。

参加国会議員は、江田懇話会会長(衆院議員)、横山幹事長(参院議員)、谷合正明参院議員と私(山本ひろし)の4人。地元の5人の下関市議(恵良、平田、前東、坂本、河野)が同行。水産庁からも山里国際課長らが同席。

本年7月1日から31年ぶりの商業捕鯨再開が下関港・釧路港で開始。「公明党・捕鯨を守る議員懇話会」として、今後の商業捕鯨の実状と課題など下関市を訪問・調査活動を行いました。

朝一の訪問先は下関商工会議所にて下関市の芳田副市長ら行政側と意見交換。下関市ではくじらの食文化普及のため、小中学生の給食に10万食を提供。現状や要望を伺いました。

その後、林兼冷蔵(株)へ。金子会長、松谷専務らと懇談。第1冷凍工場を見学。マイナス20度の冷凍倉庫内にクジラの肉等が部位ごとに保管されていました。

商業捕鯨再開の状況などで意見交換。今後の施策に反映してまいります。

下関市と意見交換
公明党国会議員団
林兼冷蔵(株)にて
冷凍工場見学後の懇談


コメント