公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.8304

「社会的孤立が生んだ8050問題」⓶基調報告・シンポジウム(福岡県春日市)

ひきこもり状態の子と親が高齢化していく中、家族はなぜ相談の声を上げられないのか?を考えるためのシンポジウム「社会的孤立が生んだ8050問題」が17日、福岡県で開催されました。主催したのは、ひきこもり家族の当事者団体であるNPO「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」。

3人の基調報告。シンポジウムの登壇者の話しも、大変参考になりました。今後のひきこもり支援・8050問題の対応。社会全体で支えあう、地域共生社会の実現に向けて全力で取り組んでまいります。

【基調報告】

  1. ひきこもり地域支援体制と官民連携の状況調査 境泉洋(宮崎大学准教授)
  2. 保健所における家族支援、家族相談に関する調査  上田理香(KHJ本部事務局長)
  3. 地域包括センターにおける「8050」事例への対応に関する調査 川北稔(愛知教育大学 准教授)

【シンポジウム】

*コーディネーター:池上正樹(フリージャーナリスト) 

最後の閉会挨拶(KHJ理事 藤岡清人氏)。



コメント