公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7983

全日本教職員連盟(全日教連)要望(東京都)

全日本教職員連盟(全日教連)(郡司隆文委員長)の北村顕吾執行委員 (香川県)が6日、国会事務所に来訪。
「文教予算の充実及び教育制度に関する要望」について伺いました。

【要望内容】

  1. 子供たちに日本人としての自国に誇りをもち、歴史や伝統・文化を大切にする等の「美しい日本人の心」を育むことができるよう支援すること。
  2. 子供たちに対し、安定的、継続的に質の高い教育を行い、今日的な教育諸課題への適切な対応を可能にするために義務標準法の改正を伴う基礎定数及び加配定数の拡充を図ること。
  3. 教職員を目指す優秀な人材を将来に亘って確保するため、人材確保法の初心に立ち返り、優遇部分の大胆な拡充を図ること。
  4. 義務教育における地域間の教育格差が生じないよう、教材費・図書費等を含めた義務教育にかかる費用を国の責任において全額国庫負担とすること。
  5. 教員の勤務の特殊性を鑑み、教員勤務実態調査の結果を反映した、適正な教職調整額となるよう見直すこと。
  6. スクールロイヤーやスクール・サポート・スタッフ、部活動指導員の配置拡充等、学校における働き方改革に資する人員配置や教育環境の改善等を推進すること。
  7. 教育専門職として教育を推進する幼稚園教諭や保育教諭、高等学校教諭の給与・待遇面の改善を図ること。

今後予算や施策につなげてまいります。

要望書
意見交換



コメント