公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.6875

【「聴覚障がい者支援・コミュニケーションをバリアフリーに!」(株)プラスヴォイス  三浦社長と意見交換】

30日、聴覚障がい者の情報保障・コミュニケーション支援に取り組んでいる
(株)プラスヴォイス の三浦宏之社長が国会事務所に来訪。

三浦社長とは2013年仙台本社の視察以来、交流をさせていただいています。

(2013年仙台本社訪問)

画面越し手話・聴覚障がい者に光を!(株)プラスヴォイス視察(宮城県仙台市)

埼玉県飯能市聴覚障害支援事業や港区の代理電話サービス、
東京都の取組みについて伺いました。

飯能市は市町村で全国初の取組みで、2017年6月27日スタート。
タブレット端末配置窓口が障害福祉課、市民課、総合福祉センターに設置。

窓口支援では手話(遠隔手話通訳)、筆談(UD手書き)、音声認識(UDトーク)。代理電話支援では、代理電話(電話リレーサービス)が行われています。

窓口での遠隔手話、筆談(UD手書き)、音声認識(UDトーク)と電話リレーサービスで問い合わせができる耳の不自由な方をトータルで支援する形態は全国的市町村では初めてです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000020170.html

遠隔手話、UDトーク、UD手書き、電話リレーサービスのサービスを行っているのは他に鳥取県と東京都港区だそうです。

聴覚障がい者のスポーツ・「デフリンピック」、デフカメラマンや情報保障など様々は角度から意見交換。大変参考になりました。
最後に手話で「I Love you」のポーズで記念写真を撮りました。

意見交換
三浦社長と2
三浦社長



コメント