公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.6758

「障がい者雇用への取組みと課題について」障害者にとってインクルーシブ雇用共同勉強会第6回(東京都)

「障害者にとってディーセントでインクルーシブな雇用・就労のあり方に関する共同勉強会」が20日、参議院議員会館で開催されました。

共同勉強会は昨年、超党派の有志国会議員と障がい者関係団体との共同によってスタートし、これまで5回の定例勉強会と特別勉強会(日本経団連からのヒアリング)を続けてまいりました。

今回は第6回会合で「障がい者雇用への取組みと課題~企業現場からの報告」として、全国重度障害者雇用事業所協会(丸物専務理事)及び障害者雇用企業支援協会(有村理事)からヒアリングし、意見交換。

私は共同勉強会の代表世話人の一人として司会・進行を務めさせていただきました。

共同座長を代表して、川崎二郎衆議院議員等から挨拶の後、「障がい者雇用の取組みと課題について」報告がありました。

【全国重度障害者雇用事業所協会 丸物専務理事】

(全重協の慨要) 

(課題・要望)

【障害者雇用企業支援協会(SACEC)・有村理事】

(SACECの慨要)

(課題)

(今後重要な取組むべき事)

終了後、毎回参加されている市民団体の皆様(全国就業者ネットワーク・中小企業家同友会・全Aネット・セルプ協・きょうされん等)の皆様との交流会も開かれ、様々な声も伺いました。今後の施策に反映できるよう取組んでまいります。大変にありがとうございました。



コメント