公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5767

「核実験の暴挙 容認せず!」衆参両院 北朝鮮抗議決議を採択(東京都)

1月8日、衆参両院の本会議において、北朝鮮による4度目の核実験に厳重に抗議し、全ての核放棄と国際原子力機関(IAEA)の査察受け入れを要求する決議を全会一致でそれぞれ採択しました。

参議院の決議は、核実験について「国際的な核不拡散体制に対する重大な挑戦」で「唯一の被爆国のわが国として断じて容認できない暴挙であり、厳重に抗議し、断固非難する」と言及。

さらに北朝鮮に「速やかに全ての核を放棄し、国際原子力機関(IAEA)の査察受け入れ、朝鮮半島の非核化に取り組むよう」、強く要求しました。

日本政府には「国際社会との連携によって安全を確保し、国民の不安を払拭すべく万全の措置を講ずるべきだ」と要請。同時に、国連安全保障理事会の非常任理事国として追加制裁など断固たる措置を通じ、北朝鮮による核・ミサイル開発や日本人拉致問題の早期解決を図るよう促しました。

これを受け、安倍総理は「わが国が国連安保理で新たな安保理決議の採択に向けた取り組みを主導し、わが国独自の措置の検討を含め北朝鮮に毅然かつ断固として対応していく」と述べました。

全会一致で採択
全会一致で採択
安倍総理
安倍総理
参議院本会議
参議院本会議


コメント