公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5532

老朽化した水道施設の再構築の為の平成28年度予算確保を!日本水道協会からの要望(東京都)

公益社団法人 日本水道協会(会長:舛添要一都知事)の全国の代表の方々が国会事務所に来訪。(3日)
「平成28年度水道関係予算の確保についての要望書」をいただき、意見交換を致しました。
公明党もPTを発足し、対応を進めています。

補助金の推移
補助金の推移

【水道事業の課題】

  1. 老朽施設の大量更新
    • 昭和40年代から50年代に建設された水道施設の耐用年数が到来(配水管40年)
    • 老朽化した水道施設の再構築は膨大な費用が必要。
    • 本来必要な更新需要は年間1.7兆円と推定されるが、建設改良費の支出は年間9000億円に留まっている。
  2. 東日本大震災を教訓とする耐震化の推進
    • 導水管や送水管など基幹管路の耐震適合率は34.8%にとどまっている(平成25年度)
  3. 水質の対応、水源の確保、広域化の推進など

*補助金の大幅な減少(平成10年度の3011億円から平成27年度555億円) 

【要望事項】



コメント