公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4318

「クールジャパン・アドバイザリーボード」に出席し、提案・意見交換(東京都)


財務大臣政務官として提案


クールジャパン・アドバイザリーボード


第1回「クールジャパン・アドバイザーボード」が開催されました。財務省として愛知副大臣の代わりに出席しました。(20日)

日本文化を海外に売り込むクールジャパン戦略。
日本のコンテンツやファッション、文化・伝統の強みを産業化し、それを国際展開するための官民連携による推進方策及び発信力の強化について検討することが求められています。

クールジャパン・アドバイザリーボードは、内閣副大臣(クールジャパン戦略担当:後藤田副大臣)を座長に、関係府省の副大臣等が、クールジャパン戦略に関連した、斬新なアイデアの発掘のために、自由に意見交換することを目的として開催されるものです。

私は財務省管轄の日本産酒類について、輸出促進の認知度向上や商流の確立・拡大の提案を行いました。



コメント