公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2011年8月の記事

No.2604

保育の現場の要望を伺う・がん対策推進へ!意見交換(東京都)

早朝、財団法人 山口県保育協会 渡邊正善会長・中川副会長らが来訪。厚生労働部会長の渡辺議員と共にお話しを伺う。 「子ども・子育て新システムに関する中間とりまとめ」に対する意見書の要望。 7月に発表された国の中間とりまとめに多くの問題点があり、現場の保育の声をとの要請。下記問題点を指摘。 1.何故今幼保一体化なのか? ・「子どもの最善の利益を守る」観点から、じっくり議論すべきであり、何故急ぐのか理解……つづきを読む

No.2603

220日間の通常国会閉幕・公明党が震災復旧・復興に尽力(東京都)

本日で第177回通常国会が閉幕となった。1月24日からの220日日の大変長い通常国会。 公明党はねじれ国会の中、震災復旧・復興に関する政府の提言・申し入れは14回・621項目におよんだ。 さらに東日本大震災復興基本法・賠償金仮払い法・災害弔慰金・がれき処理法・義援金差押え禁止法・放射性物質汚染対処促進法など議員立法28本が成立した。 本来政府が推進すべき状況であったが、スピードが遅く、鈍い政府の対……つづきを読む

No.2602

第95代首相に野田氏指名(東京都)

本日、衆参両院本会議で首相指名選挙を経て、第95代、62人目の首相に野田氏が指名された。 民主党政権となり3人目の総理。国民の期待を裏切り続けてきた民主党政権。 公明党は、1日も早い復旧・復興のためにも、臨時国会を早急に招集し、施政演説・代表質問・予算委員会を開くよう要請した。 夕方、政調部会長会議、東日本大震災対策本部、各種対策チーム座長合同会議が開催され、第3次補正予算の内容について意見交換を……つづきを読む

No.2601

野田氏が新代表!国会見学に元職場の方々が来訪(東京都)

民主党代表選。決戦投票の末、野田氏が新代表に。 難題が山積している政治の状況を誠実に打開してもらいたい。 夕方国会見学会。元職場の方々が来館。 懐かしい皆さんと交流。

No.2600

真夏の街頭演説・障がい者福祉で意見交換(香川県高松市)

朝、ことでん高松築港駅前での街頭演説からスタート。通常国会の公明党の取組み、国民不信を拡大させた菅民主党政権のお粗末さ、政策不在の党首選、早急な臨時国会召集など訴える。 手を振っての応援や綾川町のご婦人方からの激励など温かなエールをいただく。朝に関わらず、大変な暑さ。暑さ対策万全でのぞむ。 その後高松事務所に移動。障がい者福祉に尽力される「社会福祉法人あゆみの会」小西理事長が来訪。障がい者の就労・……つづきを読む

No.2599

岡山市内を挨拶まわり(岡山県岡山市・香川県高松市)

早朝、高松駅からマリンライナー号で瀬戸大橋を渡り、岡山へ。 公明党景山県議・福吉岡山市議と共に南区の小串・福島・浦安地域をまわる。 岡山市の先端で、貝殻山から見える瀬戸内海は格別。先日山火事で視察した石島や直島など一望できる。地域の課題など伺う。 午後からは、南区の地域の住民の方々との懇談会に参加。国政の状況を報告。 磯野岡山市議・景山県議と共に南区の当新田・芳田・灘崎地域などをまわる。 地域の方……つづきを読む

No.2598

心温まる故郷同窓の方々との交流!八幡浜高校同窓会松山支部総会(愛媛県松山市)

平成23年度愛媛県八幡浜高校同窓会松山市部総会・懇親会に出席。 総会では、兵頭松山支部長の挨拶。 梅林事務局長からの事業報告・会計報告。泉川監事の監査報告と続く。 懇親会では、西嶋副支部長の開会あいさつ・勝川同窓会長・清家八幡浜高校校長。恩師の先生方など紹介挨拶の後、加戸前知事から県政を振り返っての心温まる話しがある。 鈴木顧問の乾杯の後、懇親の時間。 懐かしい同級生。父や兄弟の同窓生も参加されて……つづきを読む

No.2597

管総理退陣表明!民主党政権が国民の政治不信拡大へ! (東京都)

午前中、山口代表中心に参議院で議員総会が開催された。 本会議では再生可能エネルギー・特例公債法・子ども手当特措法など可決し、今国会の重要法案などが成立した。 やっと菅総理の退陣表明。 この1年3か月、菅内閣の成果は皆無。 辞任表明からの3か月。自ら政治空白を作った罪は大きい。 復旧・復興の遅れ、原発の対応の失敗・円高の経済対策無策など等。 またいいぱなっして責任をとらず、国民の政治不信を拡大させた……つづきを読む

No.2596

委員会質疑から/3党合意 誠実な履行を/子ども手当特措法案が可決/参院厚労委で山本(博)氏

 <これまでの活動記録> 今年10月から半年間の子ども手当の支給を定めた特別措置法案が、25日の参院厚生労働委員会で民主、自民、公明などの賛成多数で可決された。 採決前の質疑で公明党の山本博司氏は同法案が民主、自民、公明3党の子どもに対する手当の見直し合意を踏まえたものであることを指摘し、「公党間の合意は極めて重い」として合意の履行を求めた。 細川律夫厚労相は「(3党合意を)誠実に履行していくのは……つづきを読む

No.2595

「福島警戒区域内における家畜の現状と対策」獣医師会等からヒアリング(東京都)

夕方、東京電力福島第一原子力発電所災害対策本部・動物愛護管理推進委員会合同会議が行われ、「福島警戒区域内における家畜の現状と対策について」ヒアリング。 社団法人 日本獣医師会 山根会長より要望を伺う。(下記内容) 原発事故で半径20キロ圏内は警戒区域となり、立ち入り禁止。多数の家畜が放置されている。所有者の同意を得ての安楽死の方針が示されているが、現時点で安楽死牛は70頭のみ。多数の家畜が生存し、……つづきを読む