公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2011年1月の記事

No.2153

松林美景無残!豪雪で5900本の被害(鳥取県米子市・境港市)

国道431号線沿いの白砂青松のクロマツ林が軒並み枝や幹が折れたり、痛々しい姿。約5900本の被害が出ている。 国道431号沿いを中心に弓ガ浜半島の美保湾岸側に連なる松林は、潮害・飛砂防備、保健の各保安林に指定されている。 約15キロに約15万7千本のクロマツが植えられている。「白砂青松百選」にも選ばれ、弓ヶ浜半島のシンボルとして親しまれていた。 「相当重たい雪が短時間にかぶさったと思われる。幹が折……つづきを読む

No.2152

漁船転覆被害等に激甚災害適用など政府の対策が急務(鳥取県境港市)

境港市の田口市議と豪雪被害の視察を進める。 最初に境港市中野漁港を視察。 雪で23隻が転覆・沈没。島根・鳥取両県で452隻が被害に。引き上げられた船は大変な状況で。見るも無残。自然の脅威を痛感。 引上げ後の船の後片付けで作業される方や漁師の方にお話しを伺う。 小さな船は保険に入っておらず、保険に入っていてもかなりの自己負担がかかるため、廃業を選択する人もいるとの事。 船の修理や休業中の補償など対策……つづきを読む

No.2151

豪雪で白ネギなどの農作物やビニールハウス倒壊の被害がすごい・対策が急務(鳥取県米子市)

鳥取豪雪被害の視察で米子市内を安木・笠谷市議と共にまわる。 米子市では白ネギ被害の大変な状況。 JA鳥取西部では、秋冬物の白ネギは県内農家で26万ケース(1ケース3キロ)の出荷を予定しているが、今回の豪雪で葉がおれ、品質低下で規格外となるため、大幅な損害が見込まれている。 1ケース1000円の相場が丸丸ダメになると大変な被害。商品になるか、出荷できるか、市場との相談しており、打撃は計り知れない。 ……つづきを読む

No.2150

所得保障の充実に全力/フォーラムで山本氏 障がい者福祉推進訴え/鳥取・米子市

 <これまでの活動記録> 公明党障がい者福祉委員会の山本博司事務局長(参院議員)は8日、鳥取県米子市で開かれた福祉フォーラムのパネルディスカッションに出席し、障がい者福祉政策について見解を述べた。 この中で山本氏は、公明党が昨年12月に発表した「新しい福祉社会ビジョン」の中間取りまとめについて、「社会保障のあるべき姿を明確に示した」と述べ、年金や医療、障がい者福祉など10分野にわたって政策提言して……つづきを読む

No.2149

障がい者福祉に全力!米子市で「福祉フォーラム」パネルディスカッションに参加(鳥取県米子市)

朝6時過ぎ高松駅からマリンライナー号で岡山駅。やぐも号で鳥取県米子駅へ。 年末観測史上最高の記録だった米子。大山や山々が銀世界。新年になって初めて晴天だそうだ。 本日は、「あいサポートとっとりフォーラム11」と題し、2日間開催の障がい者福祉フォーラムの初日。 「ひとりぼっちにしない」社会が一層求められている時代。政治、福祉、医療、教育など新しい地域福祉を本気・本腰の内容。鳥取県米子コンベンションセ……つづきを読む

No.2148

菅政権実行力乏しい/社会保障改革に不安/山口代表らが強調 公明、チーム力で政策実現/東京、高知、鹿児島で新春の集い

 <これまでの活動記録> 公明党高知県本部(池脇純一代表=県議)主催の「新春年賀会」が7日、高知市内で開かれ、石井啓一政務調査会長のほか、石田祝稔四国方面議長(衆院議員)、谷合正明、山本博司両参院議員らが出席した。 石井氏は今年の景気・経済状況について、「現在の足踏み状態から回復軌道をたどるのか、二番底に向かってしまうのか極めて重大な分かれ目だが、政府の来年度予算案は内容が中途半端だ」と批判。その……つづきを読む

No.2147

統一選大勝利へ! 公明党高知県本部「2011年 新春年賀会」(高知県高知市)

香川から高知に移動。 夜、高知市内にて公明党高知県本部主催の 「2011年 新春年賀会」が盛大に開催された。 池脇県代表からの開会あいさつ。本年「躍動」のテーマで公明党高知県本部としての力強い決意が歯切れ良い。 谷合まさあき参議院議員・石田四国議長(衆議院議員)挨拶。 来賓祝辞と続く。 党幹部として石井政調会長から国政報告。今の2つの国民不安を財政・社会保障の面からわかり易くアピールされる。 その……つづきを読む

No.2146

「平井たくや新春賀詞交歓会」に出席 (香川県高松市)

早朝、羽田空港から高松空港へ。 高松市内を挨拶まわり。 途中、自民党の平井たくや衆議院議員の新春賀詞交歓会に出席。 来賓としてあいさつ。浜田知事・大西市長からも挨拶があり、大勢の方々と懇談をさせていただく。 その後も挨拶まわり。障がい者通所施設「あゆみ園」を訪問。理事長と懇談。障がい者施策の拡充など課題・要望など伺う。施策拡充に全力で取組みたい。

No.2145

豪雪災害 万全な支援を/漁船転覆・沈没/休業補償など検討求める/党災害対策本部

 <これまでの活動記録> 公明党の災害対策本部(木庭健太郎本部長=参院議員)は6日、衆院第2議員会館で会合を開き、年末年始にかけて全国各地で発生した記録的大雪による被害と対応状況について、関係府省庁から説明を受けるとともに、対策に万全を期すよう求めた。 このうち、今回の大雪によって鳥取、島根両県で転覆・沈没した漁船が計431隻(5日14時現在、農林水産省発表)に上ったことについて、同省担当者は「漁……つづきを読む

No.2144

豪雪被害対策へ!「公明党災害対策本部」稼働(東京都)

午前中、公明党災害対策本部(木庭本部長)を開催。 年末年始の豪雪被害状況について各省庁からヒアリング。 積雪は鳥取大山で209㎝。米子89㎝。と記録的な豪雪。島根県、岩手県なども記録的積雪。 農林水産被害が深刻。 農作物ではパイプハウス・畜舎などの損壊が481棟。 水産関係では、漁船の被害が446隻で被害額が大きい。(現在調査中)エンジン交換などの対応を含めて費用負担が大変。保険でカバーできないケ……つづきを読む