公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2196

井上幹事長・歯切れ良い代表質問(東京都)


井上幹事長


代表質問


衆議院本会議


本日は午前中参議院本会議で施政演説に対しての代表質問が始まる。

午後から衆議院において公明党井上幹事長が代表質問。明快な内容の質問に菅総理は真正面から答えず。

最後の結びの言葉。
「雄弁に欠かせないのは誠実さである。自分にたいして誠実な人間になれば、人を説得することができる。」
英国の批評家 ウイリアム・ハズリットの言葉を引き、「菅総理の演説には謙虚な姿勢、誠実さがない」「いかに多言を弄しても国民を説得できない」とバッサリ両断。

以下質問項目

・はじめに
1.当面する緊急課題
・雪害対策
・家畜等伝染病予防対策
2.景気・経済対策
・与謝野大臣登用の矛盾
・中小企業活性化策
3.平成23年度予算案、税制改正
・財政健全化策は?
・成長戦略の本気度0
・マニフェスト破綻
・税制抜本改革全体像不透明
4.新しい福祉社会ビジョンに基づく取組み
5.農林水産業
・林業 
・水産
・地域発まちづくり
6.科学技術立国
7.地域主権、地方議会の活性化
・義務付け・枠づけの廃止、
・出先機関の廃止・縮小
・一括交付金化の将来像とスケジュール
・地方議会改革
8.がん対策の充実
9.当面する諸課題への対応
・高額療養費制度の見直し
・B型肝炎
10.外交・安全保障
・防衛計画の大綱、動的防衛力について
・武器輸出三原則等の見直し
・普天間移設問題
10.政治改革
・小沢氏の証人喚問
・鳩山氏の税金還付問題
・監督責任強化
・企業団体献金禁止
11.結びに



コメント