公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.865

食の流通拠点「東京都中央卸売市場大田市場」を視察・懇談(東京都・高知県)

先月、四国をまわり、障害者施策について関係団体などの方から意見・要望をいただいた内容について厚生労働省の方に来て頂き、ヒアリングと意見交換などを進める。


障害者施策の要望について厚労省にヒアリング


特に、「障害者自立支援法の見直し」の中で『生活介護・施設入所支援や障害者の働く場の施策・住まいの場の確保充実そして聴覚障害者の要約筆記・字幕化など』約22項目について、現状認識・課題・今後の検討改善内容について、1つ1つ話しあう。
今後秋以降、見直しの検討がされるさい、皆様の切実な声が十分反映出来るよう取り組んでいきたい。


大田市場


午後から大田市場を訪問。大田市場は全国の野菜・果物・花などの食の流通拠点である。面積も総面積40万1925平方メートルと日本最大・流通規模としても日本一(青果・花き)を誇る。


東京神田青果物商業協同組合の鈴木理事長と斉藤やすひろ氏


東京神田青果物商業協同組合の鈴木理事長と懇談する。公明党東京都本部政策局次長の斉藤やすひろ氏も同行。様々な観点から意見交換をする。毎日欠くことのできない
青果物・食肉・花きなどの生鮮食料品等が安心して安全に消費者に届くように、さらに改善に努力してまいりたい。

1日の活動を終え、夜の便で高知龍馬空港へ。明日は高知県。福祉などの現場をまわってまいりたい。



コメント

  • K.M より:

    私は徳島県在住の身体障害者です。
    支援費制度については、反対が多いですが福祉の質を高めるためには、自己負担は必要だと思います。
    厳しいですが福祉はもらうものから、買うものへと価値を高めなければなりません。無料のものはそれだけの価値しかありません。これは私の信念です。
    今回の戦い頑張って下さい。