公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.524

原因確率などでヒアリング/党被爆者対策委

記事分類

 <これまでの活動記録>

 公明党の原爆被爆者対策委員会(谷合正明委員長=参院議員)は18日、衆院第1議員会館で会合を開き、厚生労働省の「原爆症認定の在り方に関する検討会」(金沢一郎会長)が17日にまとめた最終報告書について、同省の担当者から説明を受けた。
 これには斉藤鉄夫政務調査会長、木庭健太郎、谷合、山本博司の各参院議員、江田康幸衆院議員が出席した。
 会合では被爆者団体などから批判の強い、「原因確率」(爆心地からの距離をもとに、被爆者が浴びた放射線量を推定、がん、白血病などの発症リスクを算出する方法)の扱いなどについて、質疑応答が行われた。

 (2007年12月19日付 公明新聞より転載)



コメント