公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.363

立党の原点に立ち返ろう/全議員が党勢拡大の先頭に/奨学金2万円引き上げ(文科省方針)必ず実現/夏季議員研で太田代表ら

 <これまでの活動記録>


 【中国5県】公明党の太田昭宏代表は26日、山口県岩国市内で行われた中国夏季議員研修会に出席した。これには斉藤鉄夫政務調査会長(中国方面議長)、谷合正明、山本博司の両参院議員が出席し、中国5県本部の各議員とともに、「次の勝利に向け、議員が党勢拡大の先頭に立とう」と誓い合った。

 あいさつした太田代表は、先の参院選で党員・支持者の献身的な支援に心から御礼を述べるとともに、「政治とは何か、政治家とはどうあるべきかをもう一度、立党の原点から学び、本物の庶民の党をつくっていかなければいけない」と強調。
 「地方議員の手足となって闘う」との参院選で初当選した山本氏の決意表明に触れ、「国会議員は地方議員の手足に、地方議員は庶民の手足になる、今までとは違う公明党になる」と力説した。
 さらに太田代表は、今年下半期の活動に言及。議員1000件の訪問対話運動と公明新聞購読拡大の実践を訴えるとともに、全議員が地域の〝庶民の味方の代表〟となり、「相手の心をつかむ対話で味方をつくってほしい」と呼び掛けた。
 また、太田代表は日本学生支援機構が大学生などに貸与する奨学金について、文部科学省が来年度から月額2万円の引き上げや新規貸与の増員など拡充する方針であることを強調し、「公明党が主張してきた方向であり、必ず実現していく」と訴えた。
 斉藤政調会長は、訪問対話運動に触れ、統一地方選、参院選で拡大した支持者や、党員・支持者を徹底して回りきり、「必ず勝ち抜ける強い党組織の構築を」と訴えた。
 この後、質疑応答では、細田元教・鳥取県南部町、鳥飼幹男・同倉吉市、新城寛徳・山口県宇部市、川端恵美子・岡山県津山市の各議員が質問し、政策や党の運動について活発に意見交換した。

 (2007年8月27日付 公明新聞より転載)



コメント