公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.185

「ゲゲゲの鬼太郎」の境港市から神話「因幡の白兎」の白兎海岸の鳥取市へ。(鳥取県境港市・鳥取市・鳥取八頭郡八頭町)




倉吉駅から米子駅・境港市へ。境港市は山陰地方は元より、日本海側では最大の水産都市である。日本の著名な漫画家・水木しげるの出身地であり、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターの銅像がならぶ水木しげるロード、市が発行する住民票の写しの透かしにゲゲゲの鬼太郎に登場するキャラクターが使われており、米子駅と境港駅を結ぶ境線に「鬼太郎列車」が運転されていることでも有名である。その境港市で保守系後援会の集いで挨拶をする。




その後、境港市から鳥取市へ車で約2時間。途中神話「因幡の白兎(うさぎ)」の舞台となった有名な白兎海岸を通る。白砂の浜が続き、大変美しい海岸である。聞けば夏は海水浴でにぎわうそうだ。走る車から写真を。鳥取市内に入り、公明党県代表銀杏県議の事務所を訪問。その後銀杏県代表と八頭郡八頭町の地元企業を訪問。後援会の集いで挨拶をさせていただく。与党として地方の声を直接つなげて行動する公明党への大きな期待を寄せられていた。列車の時間の直前まで、鳥取市内の方々との懇談を続ける。



コメント