公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.111

対話の最前線/理解と友好の拡大めざして/比例区予定候補が奔走

記事分類

 <これまでの活動記録> 『「07年政治決戦の年」を勇躍スタートした公明党。参院選比例区予定候補8氏も連日、現場に飛び出し、フル回転の活動を展開しています。』  友人:7月の参院選に向けて、各党の予定候補の顔ぶれがほぼ出揃ったようね。公明党は比例区では8議席の獲得を目指しているようだけど、その比例区の予定候補の顔ぶれを教えてくれない?  明子:まず現職では魚住裕一郎、加藤しゅういち、こば健太郎、遠……つづきを読む

No.111

「3つの勝利」断じて/東副代表、山本ひろし氏 人間主義の政治貫く/党鳥取県本部が賀詞交歓会

 <これまでの活動記録> 公明党鳥取県本部(ぎんなん泰利代表=県議)主催の新春賀詞交歓会が19日、鳥取県倉吉市で盛大に開催された。東順治副代表、斉藤鉄夫政務調査会長ら多数の国会議員や来賓が出席し、あいさつした。

No.111

錦帯橋で有名な岩国市へ(新春国政報告会)/防府市では公明党賀詞交歓会が盛大に開催(山口県)

鳥取から山口県岩国市に。岩国市内の企業・支持者を廻る途中、有名な錦帯橋にさしかかる。 日本三名橋のひとつ「錦帯橋」 (きんたいきょう) は日本を代表する木造橋で、他に例を見ない。特異な姿の五連の反り橋が特徴で、1673年岩国藩主吉川広嘉によって創建された。1922年 (大正11年) には国の名勝に指定されている。橋の長さは、橋面にそって210m、直線で193.3m。また幅5m、橋台の高さ6.64m……つづきを読む