公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”静岡” がつけられた記事

No.2232

政権初の党首討論。山口代表が明快に民主党菅政権をバッサリと斬捨て(東京都)

政権初となる党首討論が16時から開催された。公明党から山口代表が菅首相と直接対決。 マニフェストの破たんを具体的に追及。 年金の一元化・最低保障などやマニフェスト財源のいい加減さを歯切れよく指摘する。 さらに社会保障の民主党案を示せ!と追及。菅首相は真正面から答えず、逃げるのみ。言い訳で大変に見苦しい。 政治と金の小沢問題もまったく無責任な対応。山口代表は菅総理を「決意もリーダーシップもない」とバ……つづきを読む

No.2204

清流の街がよみがえった!地域力を結集・グラウンドワーク三島の挑戦(静岡県三島市)

公明党社会保障トータルビジョン検討会として、静岡県三島市のグラウンドワーク三島を視察。 NPO法人グラウンドワーク三島は、日本で最初に英国のグラウンドワーク手法を導入して、富士山からの湧水が減少して環境悪化が進行した「水の都・三島」の水辺自然環境の再生と改善を目的として、市内8つの市民団体が中心となり事業をスタートした。現在では20以上の市民団体がかかわっている。 グラウンドワークとは1980年代……つづきを読む

No.1103

人事官候補への質疑(議院運営委員会)・原爆症訴訟15連敗・全面解決へ訴え!(東京都)

午前中、国対役員会の後、約2時間の参議院本会議。 午後からは議院運営委員会にて人事官の同意人事の件で質疑が行われた。人事官候補者の篠塚英子氏に対して「女性や障がい者の採用・登用とワークライフバランスについて」質問をする。明快な答弁があり見識・人格とも申し分ない方と実感した。 「障がい者福祉委員会」で「きょうされん」との懇談会を実施、要望書をお受けする。「きょうされん」は障がい者が働く小規模共同作業……つづきを読む

No.1079

外国人労働者・家族を救え!「ハローワーク浜松・外国人学校」視察(東京都・静岡県浜松市)

本日は党の労働政策委員会(福島委員長)で外国人労働者の雇用状況を知るために、静岡県浜松市へ視察に向かう。 まず「ハローワーク浜松」の「外国人職業相談窓口」を視察する。鈴木所長・静岡労働局岩本局長から説明を受け、意見交換を進める。 外国人雇用サービスコーナーでは、それまで平均約500人から昨年9月から600人・900人と増え始め、特に12月(1348人)1月(2210人)と急増。本庁では対応出来なく……つづきを読む

No.622

障害者虐待の根絶を/防止法制定へ生活支援の実情を調査/千葉・市川市で党福祉委

 <これまでの活動記録>  公明党の障害者福祉委員会(高木美智代委員長=衆院議員)は3日、障害者虐待防止法制定へ向けて実情を調査するため、千葉県市川市の中核地域生活支援センター「がじゅまる」(朝比奈ミカ・センター長)を訪れ、障害者虐待対策の取り組みを視察し、意見交換した。福島豊党社会保障制度調査会長(衆院議員)、高木委員長、 山本博司参院議員が出席した。  千葉県は昨年7月に、全国で初めて障害者へ……つづきを読む

No.601

「少子高齢化・共生社会に関する調査会」で浜松市を視察(静岡県浜松市・愛知県豊橋市)

参議院の「少子高齢化・共生社会に関する調査会」の実態調査の為の視察が本日と明日の2日間で行なわれる。派遣委員メンバーとして14日は静岡県浜松市を訪問。 最初に静岡県(石川知事)浜松市(鈴木市長)から両行政の「多文化共生施策の取り組み」について説明を受ける。中でも浜松市は先進的な取組みをされていた。人口82万4千人。うち外国人登録者は33,272人。ブラジル人は19,473人。日本で一番ブラジル人が……つづきを読む