公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”造血幹細胞移植” がつけられた記事

No.4164

景気回復・デフレ克服へ!月例経済報告ヒアリング(東京都)

昨日の台風が過ぎ、秋晴れの快晴の天気です。 燦燦と差し込む太陽の光を浴びた国会議事堂。 本日は国会周辺での活動となりました。 午後、財政・金融部会が開催。 内閣府・日本銀行から「月例経済報告として」ヒアリング。意見交換を行いました。 (現状) ・景気は穏やかな回復しつつある。 ・物価:デフレ状況ではなくなりつつある。 (先行き) 先行きは輸出が持ち直し、家計所得や投資の増加傾向が続き、景気回復が確……つづきを読む

No.4133

最適な移植医療体制へ!公明党の要望に沿い予算拡充

公明党造血幹細胞移植法整備検討プロジェクトチームとして、会合を開き、昨日(27日)厚労省からヒアリングしました。PT事務局長として参加。 予算は前年対比13.5%増の21億4000万円。 ・病気の種類や病状にあった適切な移植法の体制整備の予算の増額や ・拠点病院わさらに整備して人材育成や診療支援等実施し、地域の造血幹細胞移植に関する医療提供体制の底上げをめざします。 公明党として最適な方法による移……つづきを読む

No.3569

離島振興へ!離島振興対策本部を開催(東京都)

8日、党離島振興対策本部を開催。 遠山清彦本部長を中心に離島振興法改正後の平成25年度予算反映について、各省からヒアリング。また離島振興基本方針や離島指定基準についても国土交通省から説明を聞く。 国土交通省・総務省・農林水産省・文部科学省・経産省・環境省・厚生労働省から39名が出席。 法案の中で所管大臣が増え、7人に。以前のヒアリングとは大きく変化。法案成立の影響が大きい。 予算も ・新規の離島活……つづきを読む

No.3540

命を守る公明党!造血幹細胞移植法で多くの命が守られる!iPS細胞研究の加速へ! (東京都)

早朝岡山駅から新幹線のぞみ号で上京。途中富士山が垣間見える。 国会事務所に直行。 公明党「造血幹細胞移植法整備検討PT」勉強会に出席。 内容は、成立した「造血幹細胞移植推進法について」の勉強会。PT事務局長として進行役を行う。 白血病や血液の難病に苦しむ患者を救う法律「造血幹細胞移植推進法」が9月6日成立。 【造血機能障害の主な疾患の患者数は?】 多くの方々が苦しんでいる! ・白血病 29,000……つづきを読む

No.3489

高松市内まわり・壮年懇談会(香川県高松市)

高松市内の地域の壮年の方々との懇談会。 国政報告の後、自由は質疑。 「地域の景気対策、選挙制度改革、尖閣等領土問題の外交政策、原発政策、、TPP、オスプレイ、復興予算の使われ方、改正著作権法など等」 様々な観点からの内容。いただいたご意見・要望は今後の施策につなげてまいりたい。 その後、高松市内を挨拶まわり。 木太町、屋島東、西町へ。秋晴れのいい天気が突如天候が一変。夕方雨が降りだし、秋祭りの神輿……つづきを読む

No.3460

命を守る政治が前進!造血幹細胞移植推進法(東京都)

白血病や血液の難病に苦しむ患者を救う法律「造血幹細胞移植推進法」が9月6日成立した。 この法律は、患者の命を守るために、各種移植団体や公的バンク、学会などが力を合わせ、政治も衆参とも全会一致で成立。そのど真ん中で法整備に汗をかいてきたのが公明党。 昨年5月にさい帯血法整備推進PT(山本座長)を設立。当初さい帯血バンクの安定運営のための法整備を目的としたが、昨年12月に骨髄移植なども含め法制化を目指……つづきを読む

No.3426

樹齢3000年 日本一の大杉・自然豊かな大豊町 (高知県長岡郡大豊町)

大豊町に日本一の大杉がある。 杉の大スギ(すぎのおおスギ)は、高知県長岡郡大豊町杉の八坂神社境内に生育しているスギの巨木である。 最古の昔に須佐之男命(すさのおみこと)が植えられたと伝えられる推定樹齢は3000年以上といわれ、1924年には国の天然記念物、1952年には国の特別天然記念物に指定された。 まあ見事。とほうもなく大きい。 この「杉の大杉」は、それぞれ南大杉、北大杉と呼ばれる二株の大杉か……つづきを読む

No.3397

公明党が尽力した造血幹細胞提供推進法が成立(東京都)

本日本会議にて、11委員会17本の法律が成立。 消費者問題に関する特別委員会委員長として「消費者安全法」について、委員会の経緯・結果を報告に立つ。 また厚労関係では、カネミ油症救済法が成立。 造血幹細胞提供推進法が全会一致で可決し、衆議院に送付された。 特に造血幹細胞提供推進法は、公明党が造血幹細胞移植法整備検討PTを立上げ取り組んできた法案である。 本日骨髄移植推進財団 齋藤理事長、日本さい帯血……つづきを読む

No.3259

カネミ油症被害者の方々の救済法検討へ!(東京都)

厚生労働部会にて「ポリ塩化ビウェニル(PCB)等の摂取による健康被害の救済に関する特別措置法案」(カネミ油症被害者救済法)について法制局からヒアリング。 PCB等の接種で健康被害を受けた者に対し、医療費等を支給することが出来る法律。 主にカネミ油症被害者の救済を軸に構成されている。 公明党を中心に議員立法で提出を検討している法案である。 (法案の内容) ・今までの認定基準について幅広に認定されるよ……つづきを読む

No.3231

血液疾患により良い治療提供へ!造血幹細胞移植法案 国会提出(東京都)

本日、白血病などの治療に有効な造血幹細胞移植を安定的に行うための法案を超党派4党(公明、自民、共産、新党改革)の議員で参議院に提出。 造血幹細胞移植は、体内で正常な血液を作ることが困難な白血病などの患者に、骨髄、末梢血細胞、さい帯血を移植し、疾病の根治を目指す治療法で、血液疾患の治療成績向上に大きく貢献している。 わが国の造血幹細胞移植の普及率は世界トップクラスだが、骨髄バンクやさい帯血バンクの事……つづきを読む