公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”脳脊髄液減少症” がつけられた記事

No.9171

「脳脊髄液減少症に関連する要望書」赤羽国交大臣へ要望(「認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事ら)(東京都)

「認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事、患者支援の会の川野小夜子さんらが14日、赤羽国交大臣に要望。公明党脳脊髄液減少症対策PT座長として、大口衆院議員・あしだ賀津美兵庫県議と共に同席。 脳脊髄液減少症は、体への強い衝撃などで脳や脊髄を覆う硬膜に穴が開き、髄液が漏れて頭痛や倦怠感などの症状が現れる病気です。 【脳脊髄液減少症に関連する要望書】 周知徹底や病態のわかる具……つづきを読む

No.9146

認定NPO法人 「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事ら来訪(東京都)

認定NPO法人 「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事・松本英信氏が6日、国会事務所に来訪。 PT座長として「脳脊髄液減少症の今後の取組みについて(国土交通省)」意見交換。国土交通省からも担当者が同席。交通事故後の自賠責など脳脊髄液減少症の周知・啓蒙などで懇談。 脳脊髄液減少症は、体への強い衝撃などで脳や脊髄を覆う硬膜に穴が開き、髄液が漏れて頭痛や倦怠感などの症状が現れる病気です。

No.9019

「脳脊髄液減少症 見逃し防ぐ」新たな診療指針を説明(党PTで研究班の嘉山代表)(東京都)

私が座長を務める公明党脳脊髄液減少症対策プロジェクトチーム(PT)は19日参議院議員会館において、会合を開催。 体への強い衝撃などで髄液が漏れ、頭痛やめまい等の症状が現れる脳脊髄液減少症の新たな診療指針をまもとめた厚生労働省研究班の嘉山孝正代表(山形大学医学部参与)の講演を伺い、意見交換致しました。 嘉山代表は、従来は診断が難しかった小さな髄液の漏れを見極めるための研究により、磁気共鳴画像装置(M……つづきを読む

No.8927

「脳脊髄液減少症シンポジウム ~脳脊髄液減少症の様々な問題点を探ろう~」(東京都)

「脳脊髄液減少症シンポジウム ~脳脊髄液減少症の様々な問題点を探ろう~」が14日午後、衆院議員会館で開催されました。 主催は認定NPO脳脊髄液減少症患者・家族支援協会(中井宏代表理事)。公明党から古屋副代表ら衆参国会議員が出席。公明党脳脊髄液減少症PT座長として参加し、挨拶。 2人(長崎県松岡真弓さん・金沢県角野恵美子さん)の体験活動報告。 講演「ブラッドパッチ治療 診療報酬の問題点 800点は妥……つづきを読む

No.8898

認定NPO法人 「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事と懇談(東京都)

認定NPO法人 「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事が31日、国会事務所に来訪。 PT座長として「脳脊髄液減少症の今後の取組みについて」意見交換。 脳脊髄液減少症は、体への強い衝撃などで脳や脊髄を覆う硬膜に穴が開き、髄液が漏れて頭痛や倦怠感などの症状が現れる病気です。 11月14日国会内にて、開催予定の超重要シンポジウム開催の打ち合わせも行いました。

No.8786

「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事らと意見交換(東京都)

認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事、松本副理事長が11日、国会事務所に来訪。 PT座長として「脳脊髄液減少症の今後の取組みについて」意見交換。 脳脊髄液減少症は、体への強い衝撃などで脳や脊髄を覆う硬膜に穴が開き、髄液が漏れて頭痛や倦怠感などの症状が現れる病気です。 一定の診断基準を満たす場合に「ブラッドパッチ療法」が保険適用されていますが、診療報酬が800点(800……つづきを読む

No.8419

「啓発・治療を日本主導で!」脳脊髄液減少症巡り講演(党PTに中国医師)(東京都)

24日、公明党脳脊髄液減少症対策プロジェクトチーム(PT、座長:山本博司参議院議員)は、参議院議員会館にて、中国浙江大学医学部 疼痛科主任医師 何非方先生から、症例数2000以上という中国での脳脊髄液減少症の治療に関する講演を伺いました。 認定NPO脳脊髄液減少症患者・家族支援協会(中井宏代表理事)が主催され、本年2回目のシンポジウム・後援会です。 脳脊髄液減少症は、体への強い衝撃などで脳や脊髄を……つづきを読む

No.8248

「脳脊髄液減少症現状と課題~まずは知ってください様々な問題点~」シンポジウムに登壇(東京都)

「脳脊髄液減少症現状と課題~まずは知ってください様々な問題点~」が16日衆院議員会館で開催され、シンポジストとして登壇。 主催は認定NPO脳脊髄液減少症患者・家族支援協会(中井宏代表理事)。公明党から大口厚労副大臣、古屋副代表らも出席。会場には地方議員も10名以上全国から参加。 最初に当事者2人の方の体験があり、あらためて、脳脊髄液減少症がどれだけ辛く大変なのか再認識しました。また医療、司法、障害……つづきを読む

No.8045

脳脊髄液減少症の方々と懇談(山口県岩国市)

山口県岩国市内を地元越澤二代・中村豊・桑田勝弘岩国市議と挨拶廻り。市内の脳脊髄液減少症の方々と懇談。(23日) 松原智子さんは、18年前に交通事故に。その後、頭痛、目まい、吐き気等の症状で寝たきりの状態が続いたそうです。脳脊髄液減少症の事を知り、2年前にブラッドパッチの手術で良くなってきたそうです。まだまだ脳脊髄液減少症の事が知られておらず、制度の狭間であり支援を求めておられます。 松原さんは、認……つづきを読む

No.7925

「認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事、子ども支援チーム 鈴木裕子代表らと意見交換(東京都)

認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事、子ども支援チーム 鈴木裕子代表、患者支援の会の川野小夜子さんらが10日、国会事務所に来訪。PT座長として「小児の治療推進や自賠責について」意見交換。 脳脊髄液減少症は、体への強い衝撃などで脳や脊髄を覆う硬膜に穴が開き、髄液が漏れて頭痛や倦怠感などの症状が現れる病気です。 一定の診断基準を満たす場合に「ブラッドパッチ療法」が保険適用……つづきを読む