公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”脳脊髄液減少症” がつけられた記事

No.6985

「子どもの症例 研究急げ!」患者団体が国の対応要請(党脳脊髄液減少症PT)(東京都)

公明党脳脊髄液減少症対策プロジェクトチーム(PT、座長=山本博司参院議員)は23日、参院議員会館で会合を開き、子どもの診断基準の検討状況などについて関係者と意見交換しました。 同症は、体への強い衝撃などで脳や脊髄を覆う硬膜に穴が開き、髄液が漏れて頭痛や倦怠感などの症状が現れる病気。昨年4月から、一定の診断基準を満たす場合に「ブラッドパッチ療法」が保険適用されています。 席上、認定NPO法人脳脊髄液……つづきを読む

No.6951

「小児の脳脊髄液減少症の治療促進・保険適用を求める要望」(患者・家族支援協会・子ども支援チーム)(東京都)

「認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事、患者支援の会の川野小夜子さん、子ども支援チーム 鈴木裕子代表が3日午後、国会事務所に来訪。PT座長として、現状と今後の署名活動について、お話しを伺い、意見交換致しました。 長年の悲願だった脳脊髄液減少症の治療法である「ブラッドパッチ療法」の保険適用が2016年4月から開始されました。しかし小児(18歳未満)の患者のほとんどが対象……つづきを読む

No.6802

「障害年金の改善へ!」脳脊髄液減少症の勉強会に出席(東京都)

19日、「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事、社労士チームの皆様(岡山県中川洋子さん、愛知県白石美佐子、千葉県岩崎さん等)と参議院議員会館にて勉強会を開催。脳脊髄液減少症対策PTの座長として参加しました。 厚労省の年金局の方も同席し、「障害年金の課題と改善について」、意見交換。社労士の方々とは2014年10月から障害者年金に課題と制度改正についてお聞きしていましたが、PT座長として……つづきを読む

No.6673

「脳脊髄液減少症を知っていますか」の専用バナーを都道府県のHPにリンクを!(患者・家族支援協会の要望)(東京都)

「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」の中井宏代表理事、患者支援の会川野小夜子さん、子ども支援チーム 鈴木裕子代表が石田祝稔政調会長に要望書を手渡し、意見交換いたしました。(2月28日)公明党脳脊髄液減少症対策PT(山本ひろし座長・国重とおる事務局長)メンバーと桝屋敬悟厚労部会長が同席。 長年の悲願だった脳脊髄液減少症の治療法である「ブラッドパッチ療法」の保険適用が2016年4月から開始されました。……つづきを読む

No.6599

認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会 中井代表理事が国会事務所に来訪(東京都)

認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会 中井宏代表理事が20日午前、国会事務所に来訪されました。 昨年12月もPTで脳脊髄液減少症勉強会を開催しましたが、今後課題点や要望実現にしっかり取組んでまいります。 【2016年12月勉強会のブログ】 脳脊髄液減少症勉強会「障害年金の課題と対策」(東京都)

No.6509

脳脊髄液減少症勉強会「障害年金の課題と対策」(東京都)

19日、認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会 中井宏代表理事・松本氏や社労士の方々【中川洋子さん(岡山市)・白石さん(安城市)中辻さん(神戸市)・長野さん(熊本市)】との勉強会が参議院議員会館で開催。厚労省の年金局の方も同席。障害年金の課題と改善について、意見交換。 社労士の方々とは2014年10月から障害者年金に課題と制度改正についてお聞きしています。 【障害年金の3条件】 1.初診……つづきを読む

No.6410

「治療体制を全国で!」脳脊髄液減少症・「党対策PTに患者ら障がい認定の現状訴え」(東京都)

公明党脳脊髄液減少症対策プロジェクトチームの座長となって初めての会合を7日参議院議員会館で開催しました。 障害年金や労災保険などにおける同症の障がい認定のあり方などについて、「患者・家族支援協会」から要望を聞きました。 同協会の中井宏代表理事は、「治療法の保険適用には、公明党との長い取り組みがあった」と述べ、謝意を表明。今後の課題として、全国どこでも適切な治療が受けられる体制づくりなどを訴えました……つづきを読む

No.6204

脳脊髄液減少症患者・家族支援協会 中井宏代表理事らと懇談(東京都)

認定NPO法人 脳脊髄液減少症患者・家族支援協会 中井宏代表理事と松本氏が来訪。(27日) 交通事故対策について、意見交換。脳脊髄液減少症は交通事故などで体に強い衝撃を受け、脳脊髄液が漏れ出すことで、頭痛や倦怠感、運動障害など多様な症状が現れる疾患です。 脳脊髄減少症やMTBI(軽度外傷性脳損傷)も交通事故後の労災や自賠責保険などで課題も共通しています。今後、交通事故対策について幅広く検討していき……つづきを読む

No.5919

「小児・障害年金などの対策を!治療法の保険適用踏まえ、今後の課題めぐり議論(党脳脊髄液減少症PT)」(東京都)

公明党脳脊髄液減少症対策PT(古屋範子座長・国重とおる事務局長)は17日、衆院第2議員会館で会合を開催。 脳脊髄液減少症に有効なブラッドパッチ療法が4月から保険適用になることを踏まえ、関係者と今後の課題を議論しました。 脳脊髄液減少症は、体への強い衝撃などで脳や脊髄を覆う硬膜に穴が開き、髄液が漏れて頭痛や目まい、倦怠感などの症状が現れる病気です。 来年度は、症例が集まりにくい小児の病態解明などの研……つづきを読む

No.5744

「脳脊髄液減少症で早期の保険適用・子どもの症例研究などを要望!」塩崎厚労大臣に患者支援の会と党プロジェクトチーム(東京都)

交通事故などで体に受けた強い衝撃によって脳脊髄液が漏れ、頭痛や目まいなどの諸症状が現れる脳脊髄液減少症について、同症の患者支援の会(大平千秋代表)と子ども支援チーム(鈴木裕子代表)は24日、厚生労働省で塩崎恭久厚労相に対し、同症に有効とされるブラッドパッチ療法の保険適用などを要望しました。 公明党同症対策プロジェクトチーム(PT、座長=古屋範子副代表)メンバーとして同席。全国から患者支援の会の方々……つづきを読む