公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”科学技術” がつけられた記事

No.3791

鳥取県西部(倉吉)地域で障がい者施策で講演(鳥取県倉吉市・東伯郡湯梨浜町)

早朝、鳥取駅から倉吉駅へ移動。 高田倉吉市議と倉吉市内や湯梨浜町を挨拶まわり。 地場企業など訪問。様々な声を伺う。 午後は、倉吉未来中心にて開催された鳥取県障がい者社会参加研修会に講師として講演。 主催は社会福祉法人 鳥取県身体障害者福祉協会、鳥取県障害者社会参加推進センターなど。 初めに日野会長から開会挨拶の後、「国の障害者福祉の動向について」質疑も含めて1時間話させていただく。 障害者自立支援……つづきを読む

No.3761

世界トップレベルの希少糖研究拠点の推進へ!浜田知事からの要望・意見交換(東京都)

夕方には浜田香川県知事が来訪。「希少糖を活用した国際科学イノベーション拠点の整備について」の要望が中心で意見交換。 希少糖は食後血糖上昇抑制作用、脂肪蓄積抑制作用、動脈硬化予防作用、血圧上昇抑制作用など数々の作用が報告されており、メタボ対策に期待される機能素材として注目されている。 今回の「希少糖を活用した国際科学イノベーション拠点の整備について」の要望は、香川大学を中心として産学官連携により育成……つづきを読む

No.2987

答志島の桃取診療所で離島医療について意見交換(三重県鳥羽市)

答志島の鳥羽市立桃取診療所へ。離島医療の拠点を視察。 診療所には常勤医師1名・看護師2名がいる。医師の刀根克之所長と懇談。 離島医療の基準を下記3点あげて説明いただく。大変判り易い。 1.本土からの距離 (答志島は鳥羽市から近い) 2.医師の担当する人数 ・2000人~3000人が標準(答志島は約2200人とOK) 3.後発病院の存在(日赤や鳥羽市の病院がある) ・バックアップの支援があるがどうか……つづきを読む

No.2959

大雪の中「東大宇宙線研究所・神岡宇宙素粒子施設」を視察(富山県富山市・岐阜県飛騨市)

文教科学委員会視察2日目。本日は大雪。富山市内は一面真っ白。 富山市から岐阜県飛騨市へ移動。 東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子施設を視察。 梶田宇宙線研究所長・鈴木神岡宇宙素粒子研究施設長など東大の教授の方々から説明を受け、見学。 その後、意見交換。 【素粒子や宇宙の研究の可能性】 宇宙線研究所では、ニュートリノなどの素粒子の観測を通じて、素粒子物理学及び宇宙物理学の研究を行っている。 宇宙や素……つづきを読む

No.1470

職員の待遇改善が必要/東京・目黒区で山本(博)氏ら 介護現場の要望聞く

 <これまでの活動記録>  公明党の山本博司参院議員は18日、東京・目黒区で、社会福祉法人・愛隣会(守永誠治理事長)が運営する養護老人ホームや知的障がい者施設を訪れ、介護現場を視察した。斉藤泰宏都議、石橋仁之、武藤正浩、関賢一の各目黒区議が同行した。  守永理事長らは、介護職員処遇改善交付金について、「公明党の力で実現したものであり、介護の施策で初めてプラスになるもの」と謝意を表明。その上で、介護……つづきを読む

No.1445

ノーベル賞化学者 野依博士・事業仕分け凍結に断固反対!「科学技術は我が国の生命線」(東京都)

国対役員会の後、国会会期末の委員会が開催された。 厚労委員会では請願の採択が行なわれ、請願のあった難病の「膵嚢胞線維症の治療環境を実現することに関する請願」が採択をされた。 その後、災害対策特別委員会・両議院団会議と続く。午後からは農水部会・科学技術委員会で、事業仕分けについて関係者からヒアリングを受ける。 事業仕分けで凍結・削減となった科学技術関連予算について、ノーベル賞受賞者の野依良治理化学研……つづきを読む