公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”労働” がつけられた記事

No.5885

「生産性向上へ訓練有効」経団連、日商と意見交換(党同一賃金検討小委員会)(東京都)

公明党の「同一労働同一賃金の実現に向けた検討小委員会(委員長:古屋範子副代表)は1日、衆院第2議員会館で、日本経済団体連合会(経団連)と日本商工会議所(日商)から同一労働同一賃金に対する考え方を聞き、意見を交換いたしました。 公明党から石田祝稔政調会長らが出席。経団連側は将来的な人材活用などを踏まえて賃金が決まる雇用慣行に留意しつつ、同一労働同一賃金をめざすべきだと主張されました。日商側は中小企業……つづきを読む

No.5415

清家慶應大学塾長「非正規雇用問題への対処・政治への提言」(超党派議員連盟にて)(東京都)

「非正規雇用労働者の待遇改善と希望の持てる生活を考える議員連盟(尾辻会長)」の勉強会が8日、衆院第1議員会館で開催されました。81名の超党派の衆参国会議員の議員連盟で2回目の勉強会です。 本日の講師は慶應義塾大学の清家 篤塾長。「非正規雇用問題にどう対処すべきか?~政治への提言~」について講演いただきました。大変示唆に富む内容で今後の政策に反映してまいります。 下記講演内容 非正規雇用の定義・種類……つづきを読む

No.5411

「学生の不当な扱い防げ!」ブラックバイト対策・提言に向け講演聞く(党合同会議)(東京都)

公明党の厚生労働部会(部会長=古屋範子副代表)、文部科学部会(部会長=浮島智子衆院議員)、学生局(局長=中野洋昌衆院議員)は2日、衆院第1議員会館で合同会議を開き、法政大学の上西充子教授が、学生を過酷な条件で働かせる「ブラックバイト」をテーマに講演。 上西教授はブラックバイトについて、「深刻なのは学生であることに配慮がなされず、授業があってもシフトが入り、休日は朝から晩まで働かされることだ。拘束度……つづきを読む

No.5176

港湾労組からの要望「三島川之江港の指定港化へ!」(東京都)

全国港湾労働組合連合会(糸谷中央執行委員長)と全日本港湾運輸労働組合同盟(新屋会長)から港湾労働に関する申しれを受けました。(11日) 公明党から古屋副代表ら衆参国会議員が出席。 労組側は「安全な港湾作業や港湾労働者の安定につながる三島川之江港(愛媛県四国中央市)の国の指定港化を要請されました。 古屋副代表からは「労働条件の改善へ努力していく」と話しました。

No.5122

連合との意見交換・2015年度予算編成の要請(東京都)

労働 2月10日 日本労働組合総連合会(連合)より「2015連合白書」の説明、2015年度予算編成に関する要請を受けました(9日)。公明党から石井政調会長・古屋副代表らが衆参国会議員が参加。連合からは、神津里季生事務局長・高橋睦子副事務局長・川島千裕総合政策局長らが出席しました。 石井政調会長ら公明党議員/神津事務局長ら連合の方々 要請を伺う 当面の経済運営及び予算編成等の関する要請 東日本大震災……つづきを読む

No.3971

障がい者フォーラム・シンポジウムで発言(東京都)

全国知的障害者関係施設長等会議が東京国際フォーラムで開催された。公益財団法人 日本知的障害者福祉協会主催で全国から関係者が参加。 12時からの開会式では、障がい者者福祉に尽力された方々の表彰(愛護福祉賞)が行われた。 14時45分からフォーラム(シンポジウム)に出席。約2時間の内容。 テーマは、「障害者福祉施策のゆくえ~新政権による障害者福祉施策の今後の展望と課題」 論者は近藤正臣(全国社会就労セ……つづきを読む

No.3942

ガイ・ライダーILO事務局長との国際シンポジウム(東京)

国際シンポジウム「グローバル経済の進展とILOの役割」が開催され、ILO活動推進議員連盟常任幹事として参加。 ILO駐日事務所・ILO活動推進日本協議会・ILO活動推進議員連盟共済のシンポジウム。 着任後初の日本訪問となったガイ・ライダーILO事務局長を迎えての講演などの企画。 テーマは「デーセントワークの実現に向けた国際協調と日本の役割」。政府から桝屋厚労副大臣も出席し、挨拶がある。

No.3924

憲法記念日・ことでん瓦町駅街頭演説会(香川県高松市)

高松市ことでん瓦町駅前にて香川県本部の街頭演説会を実施。 都築県代表(県議)、5名の高松市議(山田・竹内・大山・中村・田井)、田辺綾川町議が参加。 GW・憲法記念記念日街頭として公明党の憲法記念日の決意をアピール。 「憲法3原則の堅持と共に未来志向で環境権の「加憲」を推進。96条先行改正には慎重など」。さらに6年間の議員活動の報告や先日の国会質問、参院選の決意をお訴えする。 大勢の皆様が参集され、……つづきを読む

No.3894

田村厚労大臣に「一人ひとりを大切にする社会の実現に向けて(提言)」を要請 (東京都)

公明党労働政策委員会(谷合委員長)厚生労働部会(渡辺部会長)として田村厚労大臣に「一人ひとりを大切にする社会の実現に向けて(提言)」を手渡し、公明党の政策を要請する。 経済・社会構造がめまぐるしく変化し、世界規模での競争が激化する中で、持続可能な経済成長を実現し、人々の生活の安定を図る為、公明党は、産業競争力強化に対応した雇用対策が非常に重要であると考え、議論など重ねてきた。 「一人ひとりを大切に……つづきを読む

No.3788

インフラ長寿命化へ!老朽化の現状と課題を聞く【公明党社会インフラ老朽化事故原因等究明PT初会合】(東京都)

公明党社会インフラ老朽化事故原因等究明PT(高木陽介座長)の初会合が開催された。 国土交通省から「社会資本の老朽化の現状と課題」や「建設産業の現状と課題」等について、説明を受け、意見交換を進めた。 国交省は、太田国交大臣を議長として、1月末に「社会資本の老朽化対策会議」を発足。その検討状況の説明がある。 【社会資本の老朽化の現状と課題】 ①維持管理更新に係る現場水準の向上 (点検・診断・対策実施)……つづきを読む