公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5885

「生産性向上へ訓練有効」経団連、日商と意見交換(党同一賃金検討小委員会)(東京都)

公明党の「同一労働同一賃金の実現に向けた検討小委員会(委員長:古屋範子副代表)は1日、衆院第2議員会館で、日本経済団体連合会(経団連)と日本商工会議所(日商)から同一労働同一賃金に対する考え方を聞き、意見を交換いたしました。

公明党から石田祝稔政調会長らが出席。経団連側は将来的な人材活用などを踏まえて賃金が決まる雇用慣行に留意しつつ、同一労働同一賃金をめざすべきだと主張されました。日商側は中小企業について「利益が増えない現状では、賃上げの余裕がない」と指摘。その上で、非正規労働者の待遇改善には適正な価格転嫁や、生産性向上に向けた職業訓練のの充実が有効だと述べました。

古屋副代表は、非正規の待遇改善へ「賃金制度の改善もあるが、職業教育・能力開発も推進したい」と強調。また政府に政策提言を行う考えも示しました。

古屋副代表
古屋副代表
検討小委員会
検討小委員会
経団連
経団連
各団体から意見表明
各団体から意見表明


コメント