公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.10445

愛媛労災病院 宮内院長と新型コロナ対策・地域医療で懇談(愛媛県新居浜市)

17日午後、愛媛県新居浜市の独立行政法人 労働者健康安全機構 愛媛労災病院を訪問。地元公明党の高塚廣義市議が同行。

宮内文久院長、稲富小百合総務課長と新型コロナ対策、地域医療などで意見交換。2020年 11月に視察しています。

愛媛労災病院は昭和31年に誕生。平成31年4月には病床数を199床にまで滅らし、地域密着型病院へと大きく舵を切り、令和2年4月には「あいろうカード」を発行し、病院のかかりつけ機能を充実させてきました。

現在は(1)整形外科・循環器内科を中心とした急性期医療、(2)地域包括ケア病棟を中心とした回復期医療、(3)産業保健への取り組みを積極的に推進されています。

またコロナ感染の疑い患者への対応として、患者収容の特別室を利用し、受入病床(4床)を確保。発熱者外来を当直室を転用し、新たに設置。PCR検査機器も導入し、地域との連携で、新型コロナ対策に積極的に取り組まれています。ワクチン接種も病院での接種や地域の職域接種の応援も担っておられます。

病院への市民・子供たちからの感謝のメッセージが飾られていました。

休日にもかかわらず、対応いただきありがとうございました。

感謝のメッセージ
宮内院長と


コメント