公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9852

「化学物質過敏症(CS)の方々の集う『はなちゃんカフェ』訪問」(東京都目黒区)

目黒区内にある「はなちゃんカフェ」を地元斉藤やすひろ都議・いいじま和代区議と訪問しました。(20日)

「はなちゃんカフェ」は日本で初めて開設された化学物質過敏症(CS)の人々が集う憩いの場で2017年にも訪問しています。

日本初・化学物質過敏症の人々が集う憩いの場「はなちゃんカフェ」を訪問(東京都目黒区)

伊藤香さんご夫妻から部屋の視察と取組み状況を伺い、意見交換。

伊藤さんは、自宅のフローリングのフロアマニキュア剥離作業が原因で、強度の化学物質過敏症になり、退職。作業中に多量の化学物質に被曝したのが原因です。その際、自宅で飼っていた猫も、血を吐いたそうです。この猫の名前に由来して、集いの場は、「はなちゃんカフェ」と名付けられています。

3年前から変わった点は1階の居住スペースが多目的ルームや一時宿泊場所になっていました。室内は天然素材でリフォームしています。化学物質過敏症で悩む方々の切実な声を受け止めていきたいと思います。

【化学物質過敏症とは】

ある程度の量の化学物質にさらされるなどして、いったん過敏症状になると、その後はわずかな化学物質にも過敏に反応し、健康被害の症状があらわれるようになるといわれています。 発症などのしくみについては未解明な部分があり、治療方法なども確立されていません。

その病態や健康影響の実態等に関する十分な科学的議論がなされておらず、「化学物質過敏症」という用語の使用にも医学会では必ずしもコンセンサスが得られていない状況にあります

【症状の例】:目がチカチカする、鼻水、耳鳴り、のどの痛み、吐き気、せき、どうき、頭痛、不眠、だるさ など

【はなちゃんカフェホームページ】
https://hanachancafe.com/index2.html



コメント