公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9378

松江駅 出雲そば蕎麦屋にて「教育魅力化による地域創生」教育魅力化特命官 岩本 悠氏と遭遇(島根県松江市)

本日は終日島根県内の過疎地域の首長らと懇談。松江市で丸山知事らとの意見交換の後、松江駅から浜田駅に行くため特急まつかぜ号に乗る短い時間。
駅構内の蕎麦屋(たたら屋)で昼食を。奥出雲割り子そばを注文しました。職人が手打ち二割八割の蕎麦。美味しくいただいました。
隣で蕎麦を食べていた人がどこかでお会いした人だとじっと見ていると。「山本さんですね」と声をかけられました。すぐ私も「岩本さんですか?」とびっくり。

岩本さんとは、海士町の道前高校の魅力化プロジェクトを2011年視察で海士町を訪問して以来、ずっと交流させていただいています。
(2011年 海士町視察 岩本氏と意見交換、要望を伺う)

海士町の地域再生への挑戦!教育の魅力で全国から人を呼ぶ(島根県隠岐郡海士町)

離島振興法改正で海士町を視察。島前高校の教職員定数の加配措置を法整備に反映して欲しい要望をお聞きし、離島振興法に反映。道前高校に多くの先生が配置され御礼に上京されました。
(2013年 離島振興法成立御礼で東京に)

離島振興法改正への御礼・海士町・隠岐島前高校魅力化プロジェクト(東京都)

その後も公明党離島振興本部で海士町を視察。岩本氏と意見交換を進めていました。
(2014年 公明党離島対策本部 海士町視察 魅力化プロジェクト)

隠岐諸島視察⑪ 未来をつくる教育×持続可能な地域づくり(島前高校魅力化プロジェクト)(島根県海士町)

本日の丸山知事との懇談での要望で「新たな過疎法の内容に、離島振興法改正によって教職員手数の加配措置が盛り込まれた点を過疎法にも取り入れてほしいとの要望と、
学校と地域をつなぐ役割を担うコーディネーターの配置に対する支援」を聞いたばかりでしたので、本当に驚きました。

岩本氏は島根県教育庁の教育魅力化特命官として島根県内の人づくりの仕事に徹しておられます。また一般社団法人「地域・教育魅力化プラットフォーム」の共同代表として、全国を廻って地域・教育の人づくりを推進されています。

詳しく岩本氏の話を聞きたい旨、約束して松江駅を出発しました。



コメント