公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9438

新型コロナの影響・調査①今治タオル・縫製産業の現状と要望(今治兼今治市)

今治市は今治タオル等の縫製加工の企業が多い地域。地場企業を訪問。今治タオルは、1894年に同市で初めてタオルを製造してから113年の歴史を誇る。品質の良さと豊富なデザインが人気を呼び、現在では、国内生産の約60%を占める全国一のタオル産地。

(有)真鍋 真鍋知社長を地元永井隆文市議と訪問。(20日)真鍋社長は永井市議の高校の同級生。

Tシャツやポロシャツ、タオルなど生活に密着した商品を製造。新型コロナの影響で各地のイベントが中止になり、60%の売上げダウンに。持続化給付金の活用と共にマスク製造等工夫しながら対応されています。

続いて、(有)木下ソーイング 木下正男会長、誠社長と懇談。渡部豊市議が同席。バスタオル、フェイスタオル、マスク等製造。新型コロナの影響で厳しい状況はあるが、前向きに取り組まれています。

地場産業の振興こそが地域活性化の大きな活力です。これまで積み上げてきた歴史と伝統を守るためにも、地場産業への振興策を進めてまいります。

真鍋社長と
木下社長と


コメント