公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.8702

「商業捕鯨の調査活動・下関市へ」⑤下関市立しものせき水族館「海響館」(公明党・捕鯨を守る議員懇話会)(山口県下関市)

26日、「公明党・捕鯨を守る議員懇話会」として山口県下関を視察。
参加国会議員は、江田懇話会会長(衆院議員)、横山幹事長(参院議員)、谷合正明参院議員と私(山本ひろし)の4人。
地元の下関市議(恵良、坂本)が同行。水産庁からも山里国際課長らが同席。

本年7月1日から31年ぶりの商業捕鯨再開が下関港・釧路港で開始。「公明党・捕鯨を守る議員懇話会」として、今後の商業捕鯨の実状と課題など下関市を訪問・調査活動を行いました。

最後の訪問先は、下関市立しものせき水族館「海響館」。
平成13年竣工。公益財団法人下関海洋科学アカデミーが管理運営。
石橋館長らの案内で館内を見学。

国内最大級のペンギン展示施設は「素晴らしい!」につきます。感動ものです。
また世界に数点しかないシロナガスクジラの全身骨格標本が展示されています。

今回の視察では、今後の商業捕鯨について、大変有意義であり、今後の施策・予算などに反映してまいります。



コメント