公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.8034

断水・通行規制からの1ヶ月・周防大島の観光・農業の現場を再訪問(山口県周防大島町)

山口県の離島・周防大島町と本土を結ぶ大島大橋に貨物船が衝突した事故から22日で1カ月が経過しました。これまでも現地を訪れ、石井国交大臣にも要望活動

国交省石井大臣へ!「周防大島の大島大橋損傷に係る緊急要望」(山口県知事・議長・町長らと)(東京都)

を進めてきましたが、本日(23日)再度現地を訪問し、給水活動や企業・農業・観光などの島民の皆様の声を伺ってまいりました地元松井町議の案内と共に、岩国市の中村豊・桑田市議も同行。

まず周防大島温泉 ホテル大観荘を訪問。新山統一郎社長から現状と今後についてお話しを伺いました。

新山社長はふるさとが同じ愛媛県で、何度か訪問して観光施策で懇談していました。(2016年訪問のブログ)

周防大島の観光・農業で意見交換(山口県周防大島町)

修学旅行客やみかん狩りなどで団体客が多く訪れる11月。断水と橋の通行が出来ない為(通行規制)、キャンセルが続出し、収入がない1ヶ月が続いています。
一刻も早い橋の全面開通と共に断水の解決を望まれています。高齢な周防大島の島民の皆さんを気遣っておられ、島全体が希望が持てる支援を行ってまいります。

さらに農業の現場も訪問。JA山口大島の木村昭彦代表理事組合長と懇談。トラック(12トン)での陸送が出来ないため、夜間のフェリーで棚井港へ。
経費負担が嵩む中での農家への懸命な支援をされています。

周防大島にとって農業も観光も大事な基幹産業です。継続して支援をしてまいります。



コメント