公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7756

「核なき世界の実現へ!」山口代表と共に韓国人被爆者慰霊碑に献花(広島県広島市)

5日夜、広島平和祈念公園内で山口代表と共に斉藤鉄夫幹事長代行(広島県本部代表=衆院議員)ら広島県本部の県議・市議のメンバーで韓国人被爆者慰霊碑に献花。
哀悼の祈りを捧げました。

駐広島大韓民国総領事館の金宣杓総領事や在日本大韓民国民団中央本部呂団長、広島地方本部李団長らが出迎えていただきました。

韓国人原爆犠牲者慰霊碑は、1970年(昭和45年)4月、在日本大韓民国居留民団広島県本部などが中心になって建立されました。
建立の目的は、強制労働等により広島で被爆した同胞の慰霊と、再び原爆の惨事を繰り返さないことを願うためです。

慰霊碑の由来には「第二次世界大戦の終わり頃、広島には約十万人の韓国人が軍人、軍属、徴用工、動員学徒、一般市民として在住していた。 原爆投下により2万余名の韓国人が一瞬にしてその尊い人命を奪われた」と記されています。

1999(平成11)年7月現在の場所である公園内に移設されました。



コメント