公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7528

奄美大島視察レポート⑩視察2日目:1300年の歴史・大島紬見学(鹿児島県龍郷町)

公明党離島振興対策本部(遠山清彦本部長)として龍郷町にある大島紬村を視察。(1日)2013年に続き2度目の訪問。

大島紬村では、亜熱帯植物などの自然に囲まれた庭園で、白い絹糸から大島紬ができあがるまでの全ての工程が見学できます。

庭園・施設を案内いただきました。 奄美大島紬(おおしまつむぎ)は、奄美大島の特産品で手で紡いだ絹糸を泥染めしたものを手織りした平織りの絹布や縫製した和服で島の主要産業。1300年の太古より奄美の人々の歴史と誇り、そして民族文化を象徴する高級絹織物。

製造工程は締機、車輪梅染め、泥染め、捺染、手織りなど全ての製造工程は400~500程にもわかれ、手作りのわざ(技術)に感動です。

奄美独特の泥田での泥染めも体験でき、身近に大島紬が感じられます。今後の技術継承や人づくりなど課題もありますが、奄美の人々の歴史と誇りが結晶された大島紬。改めて驚きました。



コメント