公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7121

「防災・物流・観光の拠点・港湾の整備拡充を!」四国港湾協議会 意見交換会(東京都)

25日、四国港湾協議会 意見交換会が都内の都道府県会館にて開催されました。
協議会参加の各首長から港湾・海岸における生産性革命、ストック効果など港湾の重要性の意見表明が行われました。
出席している四国選出の国会議員の挨拶。
【四国港湾協議会 出席首長ら】
会長 : 綾坂出市長
副会長 : 濱田小松島市長、楠瀬須崎市長
理事 : 大城八幡浜市長、中平宿毛市長、谷鳴門市副市長、亀尾阿南市副市長、松下高松市副市長、吉岡高知市副市長など
会員 : 影冶美波町長・三枝土庄町長、濱中直島町長、丸尾多度津町長、池田中土佐町長、齊藤奈半利町町長など。、
【耐震強化岸壁の整備状況・粘り強い構造への補強の実施状況】
• 整備済み18港(30港中 60%)
• 整備中 4港(東予港、八幡浜港、久礼港)
• 未整備 8港(松山港、今治港、詫間港、高松港、三本松港、須崎港、宿毛港)

【提言書】
綾 宏会長(坂出市長)から提言書を戴きました。(下記提言内容)
1. 大規模地震・津波対策の必要性(南海トラフ地震への備えなど)
2. 活力ある四国の実現に向けて(港湾の物流面での重要な役割・クルーズ振興など)
上記提言を実現するためにも「四国における港湾及び海岸事業の予算を確保すること」の内容です。
四国の港湾を視察し、重要性は誰よりも認識しています。しっかり支援してまいります



コメント