公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.6665

「海事立国 日本へ!」海事振興連盟・高知タウンミーティング①(高知県高知市)

25日、高知県高知市にて海事振興連盟 高知タウンミ—ティングが開催されました。
海事振興連盟の衞藤会長・高木副会長と共に振興連盟理事の国会議員として出席。公明党から石田祝稔政調会長(衆院議員)も参加。
タウンミーティングは2014年の徳島・2013年の鳥取県境港・2012年山口県下関、2010年の広島県尾道に続き、5か所目となります。

高知タウンミーティングのオープニングは、高知海洋少年団のメンバーの手旗信号が披露されました。きびきびとした演技で感激しました。

来賓の尾崎高知県知事・岡崎高知市長の挨拶の後、約2時間 下記12海事団体の方々より意見交換を中心に課題・要望を伺いました。

日本船主協会 小田和之副会長、高知県内航海運組合 岡田俊夫理事長(岡田海運社長)、四国旅客船協会 清水一郎会長(石崎汽船社長)、船舶整備共有船主協会 立田雅弘評議員(若宮汽船社長)、日本造船工業会企画委員会 檜垣和幸副委員長(今治造船専務)、徳弘のぶひろ須崎工業高校造船科教諭、四国小型船舶工業会理事・高知県小型船舶工業会 榊原英之会長(大永造船社長)、日本造船協力業者団体連合会 前田和彦会長(三井造船玉野協力会会長)、四国港運協会 端村欣示会長(徳島港湾荷役会長) 高知県倉庫協会 瀬川幹生副会長(同和産業社長)、日本海事広報協会 伊藤松博理事長、日本海洋少年団 磯谷兵衛理事長、全日本海員組合立川博行執行委員長ら。

挨拶では「海事振興連盟としての取り組んできた事(特に2014年財務大臣政務官の時、船舶整備の共有建造の金利を−0.9%低くした)、95近い島々を廻る中での離島航路・フェリー支援の必要性(法整備)、南海トラフ対策、予算、税制改正など等、お聞きした要望の実現に取り組む事」をお話しました。また陸上輸送から海上輸送へのモーダルシフトの流れを進めるためにも、事業者からの強いお声「フェリーと高速道路を乗り継ぎする際の高速道路の通し料金の設定」を要望しました。

最後に高知タウンミーティング決議を全員で採択しました。

高知タウンミーティング決議採択

  1. 内航海運の活性化
  2. 離島航路をはじめとする旅客航路の維持・活性化
  3. Sox(硫黄酸化物)規制強化
  4. 海事関連税制の維持・強化など
  5. 造船業の人材育成等
  6. 海事生産性の向上
  7. 中小造船業に対する支援
  8. 日本人船員の後継者の確保・育成
  9. 船員関係国際条約の確実な履行
  10. 海賊対策の継続
  11. 海事教育の充実等
  12. 高知県の漁業に対する支援
  13. 大型クルーズ船対応岸壁及び高知港の防波堤等の整備
  14. 海の日を7月20日に固定化

皆様から伺った要望・採択された決議について実現に向け、全力で取り組んでまいります。



コメント