公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.6222

被爆71年・広島原爆の日②「広島県原爆被害者団体協議会 原爆死没者追悼慰霊式」山口代表と共に参列(広島県広島市)

6日、「広島県原爆被害者団体協議会 原爆死没者追悼慰霊式」に山口なつお代表・斉藤鉄夫幹事長代行・谷合正明参議院議員と共に出席しました。

広島県被団協理事長・日本被団協代表の追悼のことばの後、来賓代表として山口代表があいさつ。

「被爆から71年が経過し、あらためて原爆死没者の皆様の御霊に心から哀悼の意を表します」と述べた上で、「今年の式典はオバマ米大統領の広島訪問を受けての式典となり、。歴史的な一歩を記したことを踏まえた式典で、オバマ大統領の訪問が終わりではなく、始まりである」と述べ、公明党として核兵器廃絶に向けた取り組みを拡大していく考えを示しました。

山口代表は、5月の米大統領の広島訪問に関して、核廃絶に向けた公明党の主張や取り組みが実っていく中で実現したとの認識を表明。その上で、今後は「(国際社会などが)『核兵器のない世界』に向け、どう新たな歩みをつくり出していくかが大事だ」と強調。また、公明党の取り組みについて、現在、国連の作業部会で核軍縮に向けた議論が行われていることに触れ、「わが国政府の主張をサポートし、幅広い国際合意に形成されていくことを推進したい」と力説しました。

本日は、その他、「広島県動員学徒等被害者の会 第60回原爆追悼式」にも出席し、献花。追悼の祈りを捧げました。最後は山口代表の記者会見にも同席。核兵器のない世界へ向け、全力で戦ってまいります。



コメント