公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5360

国交委員会で太田大臣に質問!「整備士不足にも対策」(道路運送車両法)(東京都)

本日(11日)の国土交通委員会で道路運送車両法及び自動車検査独立行政法人法の一部を改正する法案の質疑が行われました。

公明党を代表して太田国交大臣に質問。「自動車の安全性確保について」「図柄入りナンバープレートの導入」など下記内容。

自動車整備士確保について質問、太田大臣は「検討会を今月中に立ち上げ、1級自動車整備士の育成や処遇改善を含めた具体策を取りまとめたい」と大変前向きな答弁をいただきました。

Ⅰ.自動車の安全性確保について

  1. リコール制度の検討状況と今回の改正の狙いはどこにあるのか。(太田大臣)
  2. 2つの独法を統合することによりどのような効果が考えられるか。
  3. 鉄道関係業務への制約となることはないのか。
  4. 民間の整備工場の業務範囲の拡大によってどのような影響があるのか。
  5. 自動車整備士の確保をどのように進めるつもりか。
  6. キャリアパスの観点から一級整備士の養成が必要ではないか。(太田大臣)

Ⅱ.図柄入りナンバープレートの導入について

  1. 自動車ビッグデータの利活用の検討状況を報告いただきたい。
  2. ICTを活用した自動車の安全性確保に向けた大臣の決意を伺いたい。(太田大臣)


コメント