公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5168

鹿児島県三島村 村路航路の拡充について太田国交大臣要望(東京都)

公明党離島振興対策本部(遠山本部長)として太田国交大臣に「鹿児島県三島村 村路航路の拡充について」申し入れの要望をいたしました。

三島村は3島からなる群島村で、人口約370人。高齢化率は35.8%に上ります。交通手段は、鹿児島港を週3回出航する村営定期船「フェリーみしま」(1196トン)のみ。毎日の便がない地域は小笠原と十島村と三島村の3か所しかありません。2012年に党離島対策本部のメンバーで三島村(竹島・硫黄島・黒島)を訪問。島々を視察し、様々な課題を伺いました。

航路については村の趨勢を左右する最重要課題と認識し、その後、大山村長が国会に訪問の際に何度も状況を伺ってきました。直近は3月10日に大山村長とも懇談。

今回大臣に下記の点を強く要望しました。

要望内容

  1. 三島村村営航路の黒島から枕崎への延伸の許可を平成27年度中に必ず実現するこ
    と。
  2. 航路の延伸実現後、三島村・鹿児島県と連携の上、週3便すべてを対象に国庫補
    助認定速やかに行うこと。(ただし、移行期間を設け段階的な対応することは排除しない。)

大臣からは、大変前向きなお話しを戴き、大山村長も喜ばれていました。

枕崎航路とは



コメント