公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4691

津波避難ビル・石巻港湾合同庁舎を視察(宮城県石巻市)

記事分類

写真


写真


写真
石巻港湾合同庁舎/屋上から

宮城県石巻市の石巻港湾合同庁舎を地元の公明党伊藤啓二市議と櫻田誠子市議と視察。(25日)亀山紘石巻市長が同行いただきました。

地震によって発生した津波の高さは最大8.6㍍以上を観測。石巻市の死者は3523名、行方不明者は436名。(平成26年5月末)


写真


写真
亀山石巻市長・伊藤市議、桜田市議と/津波避難ビル

昭和49年に建設された石巻合同庁舎(2階建て)は東日本大震災により壊滅的な被害を受け、建替整備されることとなりました。
新庁舎(5階建て、敷地面積623㎡・敷地面積2353㎡)は石巻市と合築(石巻市は備蓄倉庫として使用)により、津波避難ビルとして整備されました。
本年6月5日から業務が開始されました。


写真


写真
石巻港湾合同庁舎の概要を伺う/亀山石巻市長

写真
石巻市の備蓄倉庫視察

概要の説明を受けた後、庁舎を視察。備蓄倉庫や屋上の避難スペース等見学しました。市内7か所目の津波避難ビルとして、港湾に近接した位置での役割りは大きいと言えます。



コメント