公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4233

秋季大阪香川県人会に参加・大勢の皆様との交流(大阪府大阪市)


挨拶


和泉理事


太閤園


大阪市太閤園で開催された大阪香川県人会の秋の総会・懇親会に出席。明治30年に設立された大阪香川県人会。
郷土の誇りを胸に、関西・大阪で経済界や様々な分野で活躍されている皆様と親しく交流する事が出来ました。


和田会長


大阪香川県人会


うどん県


和田会長の開会挨拶。黒田常務理事・和泉理事から報告事項があり、うどん県の紹介DVD・寄贈品の抽選会など楽しい企画が続きました。


和田会長と懇談


ふるさと合唱



万歳三唱


川西副会長(閉会の辞)


会では来賓として挨拶をさせていただきました。最後は、全員で故郷(ふるさと)を合唱。川西副会長の音頭で万歳三唱で閉会。
多くの方々と懇談する事が出来ました。皆様大変にありがとうございました。


大阪市の風景


大阪マラソンのヘリも


本日は大阪マラソンも同時間帯に行われており、ヘリなどが飛び、晴天であったため多くのランナーが大阪を楽しんでおられました。



コメント

  • star7611 より:

    私も発達障害者(注意欠陥多動性障害/不注意優位型)で、精神障害者手帳を取得し、就労支援を受け、この度、再就職先が決まりました。
    ですが、一つ要望があります。
    発達障害は現状、治らない障害とされています。
    なのに、障害者手帳を取得しようとすると、精神障害者手帳に分類されるので、二年ごとの更新になります。
    治らない障害で、学校・社会生活を送る上で不具合を起こしやすいのに、発達障害だけで手帳を取得するのは難しく、二次障害が出て、やっと取得できる現状。
    二次障害がなくても、発達障害である事がわかった状態で手帳が取得できる様にして頂きたいし、二年ごとの更新ではなく、永年にして頂きたいのです。
    これまで無理して一般枠で働いて、周りの人たちに多大な迷惑をかけ、その事を申し訳なく思い、社会不安障害も併発しましたが、手帳が取得できた事で、障害者枠で働く事が出来、周りの方たちと共存できる様になりました。
    発達障害は見た目には全く分からない障害ですが、当事者は幼い頃からずっと不具合を抱え、生きにくさを感じながら生きています。
    どうか、近い将来、発達障害者が安心して、社会や学校生活に共存して生きていける様、手帳の更新を永年にして頂ける様、御尽力をお願い申し上げます。