公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3107

鹿児島離島視察レポート⑤硫黄島(鹿児島県 三島村硫黄島)




















硫黄島にて住民の方々との意見交換会を実施。
公明党から離島振興対策本部遠山本部長(衆議院議員)・持富県議。

日高村長・町議や島民の方々が参加。

最初に歓迎の意味を込めて、3人のメンバーによるジャンペの演奏。

ジャンペはアフリカの伝統的楽器。1994年 ジャンペの神様 ママディ・ケイタとの出会いで、三島村がギニア共和閣の伝統芸能を真摯に継承する国内唯一の村として、世界との交流を深めている。

リズムカルな素晴らしい演奏。世界に響く、情熱の鼓動に感激。

意見交換会では、最初に要望書を村長からいただく。(下記要望内容)

1.村有施設等の維持補修費対策
・高額補修費等を一定の採択基準を設けて補助対象にできないか
(理由)
過去の建築物、設備等の維持補修が高額となり、新規事業への取組みが困難

2.枕崎航路の新規開設
生活航路の位置づけから、地域経済維持改善航路へとの位置づけを

3.経済水域の確保
全国小離島の平均的な漁業権域を算出し、その数字を排他的水域と設定して不可侵の権利として認めるべき(離島振興法改正)

4.新船の建造
・生活航路優先枠をはずし、医療、産業、観光などの条件を満たせる船型や航路を選べる制度に改善

5.定期船の運賃補助
①人の運賃
 住民 3500円のうち1000円補助
②車検運賃の補助
・往復の輸送費 4万~10万円
6.高齢者対策
病気治療、及び所用で上鹿の際の簡易宿泊施設の充実

7.高校生の下宿代補助
高校がないため、村は2010年度から月額1万円の援助をしてきたが額が不足。月額3万円程度に増額したので、財政支援を。

島民の皆様から離島交通、医療、介護、教育(里親留学制度の推進)、社会インフラ整備、特定離島など等要望・意見をお聞きする。








大変貴重なご意見に今後の法改正等に取組んでまいりたい。



コメント